やました たつを(フリーライター)

アライドテレシス、レイヤー2plusギガビット・インテリジェント・スイッチ「AT-x210」シリーズを発表

2012-02-14 01:30:00

 アライドテレシスは2月13日、レイヤー2plusギガビット・インテリジェント・スイッチ「AT-x210シリーズ」をリリースしたことを発表した。「AT-x210-9GT」および「AT-x210-16GT」の出荷を、2月20日より開始する。


 AT-x210-9GTは、10/100/1000BASE-T ポートを8ポートとSFPスロット1ポートを装備。AT-x210-16GTは、10/100/1000BASE-T ポートを16ポート装備し、うち2ポートがSFPスロットとのコンボ(共有)ポートとなる。SFPスロットは、オプションのSFPモジュールを追加することで、ギガビット光ポートも実装できる。


 価格は、AT-x210-9GT(製品単体)が10万1000円、AT-x210-16GT(製品単体)が14万8000円。フィーチャーライセンスは、AT-x210-GT-FL02(IPv6ライセンス)が10万円、AT-x210-GT-FL03(アプリケーションライセンス)が5万円となる。

※このエントリは ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet Japan編集部の見解・意向を示すものではありません。
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]