やました たつを(フリーライター)

米国Salesforce.comが「Desk.com」を発表--TwitterやFacebookなどを活用してカスタマーサービスを強化

2012-02-03 02:30:00

 米国Salesforce.comは1月31日、ソーシャルとモバイルを連携し、カスタマーサービスを強化する「Desk.com」を発表した。基本料金は月額49ドル(フルタイムエージェント、利用制限なし)で、パートタイムエージェント用に1時間あたり1ドルのフレックス価格も提供される。


 Desk.comは、電子メールや電話、インターネットなど、さまざまなサポートチャネルとソーシャルネットワークを使いやすいひとつのエージェントデスクトップに統合した新しいソーシャルヘルプデスク。約5クリックで、FacebookやTwitterのアカウントを「Desk.com Agent Desktop」に連携できる。


 またDesk.com Mobileにより、モバイル環境から容易に顧客対応が可能。HTML5で構築されているので、デバイスに依存することなく、いつでも高品質で使いやすいモバイル環境を活用できる。すでに、Bonobos、Klout、Spotifyをはじめとする世界数千社の企業が、Desk.comによるカスタマーサービスを展開している。

※このエントリは ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet Japan編集部の見解・意向を示すものではありません。
  • 3件のコメント
#1 赤彗星   2012-02-08 09:16:51
著者とは知り合いだったのですが、最近、会ってないですね。


SNS などの企業利用は、国産大手企業は超遅れてます。個々人が自由に発信して主張すると言う文化が合わない人が、国産大手に居る訳で、利用されないのは当然だとも言えますが。
salesforce が売れて活用されているのは、中堅、中小企業なんですよね、たぶん。
#2 やました たつを   2012-02-13 18:17:13
ご無沙汰してます。過去形にしないでくださいね(笑)。
確かに、日本の会社はSNSの利用がうまくないですね。というか、日本人は名前を公開して情報を発信するのがニガテな気きもします。匿名だと、俄然拳固になるんですけどね。
#3 やました たつを   2012-02-13 18:19:22
「拳固」→「元気」でした。タイプミス、すいません。
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ