やました たつを(フリーライター)

日本ユニシス、学校向け授業管理システム「RENANDI」の新商品を発表

2012-01-27 04:30:00

 日本ユニシスは1月26日、学校向け授業管理システム「RENANDI(レナンディ)」の新たな商品ラインアップとなる「eラーニング教材」の販売を開始した。eラーニング教材の販売開始に伴い、RENANDIの商品体系、価格体系を大幅に変更。同時にRENANDIの導入検討を前提に、最大1年間無料で利用できる学校向け評価プランキャンペーンも実施する。


 RENANDIは、1998年よりソフトウェアライセンス版、2008年よりRENANDI SaaS Editionが提供されている。eラーニング教材では、語学、就職、Microsoft Office操作、システム開発など、78種のeラーニング教材を提供。39本のIT系eラーニング教材を利用者数無制限で1年間利用できる「IT系スキルアップeラーニング教材39パック」も98万円(税別)で提供する。


 RENANDIライセンス(ソフトウェアライセンス版)の年額利用料は78万円(税別)よりで、ハードウェア込みの構築と5年間の利用料のトータル料金は850万円(概算/税別)よりとなる。またRENANDI SaaS Edition Advancedの利用料は、3カ月以上の利用が前提で月額3万5000円(税別)よりとなる。


 日本ユニシスでは、大学、大学院、高校、中学校、専門学校、塾、企業内研修などを対象に、今後5年間で10億円の売上を目指している。なお、RENANDIの機能、商品ラインアップ、価格、利用シーン、プラン申し込みなどの詳細は、RENANDIのウェブサイトで紹介されている。


■関連情報
学校向け授業管理システム「RENANDI」概要図
 

※このエントリは ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet Japan編集部の見解・意向を示すものではありません。
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ