やました たつを(フリーライター)

News:ソフォス、包括的セキュリティ対策の最新版「Sophos Endpoint Protection 10」を発表

2012-01-18 22:30:00

 ソフォスは1月18日、 PCやサーバなど、企業のエンドポイント環境を包括的に保護するセキュリティ対策ソリューションの最新版「Sophos Endpoint Protection 10」を発表した。最新版では、マルウェア対策や情報漏えい対策に加えて、新たに「Webフィルタリング」「パッチ評価」「暗号化端末管理機能」が追加されている。


 今回、追加されたWebフィルタリング機能は、新たにソフトウェアやインフラストラクチャを追加することなく、統合管理ツール上で14のカテゴリに分類された業務上不適切なウェブサイトへのアクセスを容易に制限し、安全な閲覧を実現。エンドポイントでマルウェアスキャンを実行するため、快適なパフォーマンスを実現する。


 またパッチ評価機能は、Microsoft、Adobe、Apple、Citrix、Skypeなどが公開したパッチ情報をSophosLabsがランク付けすることで、緊急度の高い未適用パッチの優先順位を容易に把握することが可能。パッチ管理のためのIT管理者の時間と労力を大幅に軽減することができる。


 さらにフルディスク暗号化機能を使用することで、ワークステーションを暗号化し、ステータスを把握できるので、デスクトップPCやノートPCに保存されているデータを安全な状態に保つことが可能になる。 

※このエントリは ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet Japan編集部の見解・意向を示すものではありません。
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ