ILOG Elixir

IBM ILOG Elixir:OrgChartに展開・折りたたみ機能を付加する

2009-09-02 08:00:00

 (欧州と米国の両方の)Adobe MAXの私のセッションで約束した通り、同カンファレンスのために作成した例をこのブログに投稿しておく。まずわたしがMicrosoft ProjectのスケジュールをFlexアプリケーションで表示する方法を説明する例を投稿し、次にDamienがAIRのGoogleカレンダーリーダーを投稿したので、今回はILOG Elixir OrgChartで展開・折りたたみを行う例を投稿する。

 セッション中に説明したとおり、この例ではOrgChartの従業員レンダラーを他のものに切り替えられる機能を利用している。この代わりのレンダラーは、デフォルトのレンダラーを拡張し、従業員の状態に応じて展開・折りたたみボタンを追加しただけのものだ。ボタンをクリックすると、アクションがトリガされ、OrgChartへのデータプロバイダの役割を担っているコレクションにある特定の従業員のレポートを追加するか、フィルタアウトするかのどちらかが行われる。

 このFlex Builderプロジェクトは、こちらから入手できる。このコードにはかなり詳しくコメントが付いているので、仕組みについてさらに知りたいときは、まずはコードを読んでみて欲しい。

 結果は次のようになる。

(「プラス記号」をクリックすると展開される)

 IBM ILOG Elixirについての詳細は、http://www.ilog.co.jp/product/visu/ilogelixir/をご覧ください。

※このエントリは ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet Japan編集部の見解・意向を示すものではありません。
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]