ブログには無い、HTMLサイトの3つのメリットを考えるなら、そこで個人Wikiですよ

2009-01-16 14:50:23

こんにちは、はやまといいます。大阪で SE やってます。さて、いきなりですが:

この記事を拝見して最初に思ったのは、これです

そこで、個人Wiki ですよ!

Wiki っていうと、不特定多数の人間が自由に編集するというイメージがありますが、それはツールの自由度というのを誤解しているに過ぎません。ページを凍結できる機能があれば、立派なテキストサイト作成ツールです。

ということで、Wiki を HTMLサイトに応用する場合、元記事のメリットがどうなるか、検討してみましょう。

「まとめサイトを作りやすい」か?

作りやすいです!

だって、Wiki ですから。

  • ブログと違って、時系列の束縛を受けないのは同じ
  • 基本的にフラットな記事構成が普通
  • ツリー的なページの配置は、Wikiの処理系によっては出来ることもある。

うん、最後を除けば、バッチソですね。   

「炎上を防げる 」か?

実はたぶん一番もろいかもwww。ただし、以下の要件を満たせれば、炎上はないでしょう。

  • 既存記事を凍結できる 
  • 管理者以外の新規記事作成を禁止できる
  • コメントを off にする

そんな WikiEngine あるのか? あるんですが、またあとで。

「外出中に更新できない」か?

更新できてしまいます。。。。

つーか、それくらい我慢せい!

そんな人のおすすめの WikiEngine って 

ずばり、拙作の

でございますよ!

宣伝かよ!

はい! (即答)。当WikiEngine は

  • 導入が極めて簡単 (ファイルを1個置くだけ)
  • Perl 5.005以上が稼働する CGI 環境があれば、利用可能
    • なぜなら、外部ライブラリを一切必要としない
  • 個人サイト構築に配慮した機能の充実
    • ページ凍結
    • 新規ページ作成の制限
  • 本体は軽薄短小だが、いざとなれば、プラグインでナンボでも拡張可能
    • ブログっぽい使い方も敢えて可能とする「にっきプラグイン」

など、まさに素のHTMLのメリットとブログのメリットのいいとこどりを目指そうという無謀なウェブアプリケーションなのです。

とはいいつつ、もう 1.0 リリースから、そろそろ 3 年目になろうとしています。つい最近リリースしたバージョン 1.5 では文字コードを UTF-8  化し、それまでシステム軽量のため省いていた変更履歴の管理もサポートするようになりました。

さぁ 、素HTML愛好家のみなさん、うっかりと「wifky」にハマってみませんか?

※このエントリは ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet Japan編集部の見解・意向を示すものではありません。
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]