ベイダー卿

今日からはじめるプログラム(その1:不条理との戦い)

2009-03-17 12:54:07

 
コーホー、コーホー、こんにちは、やっとOAサングラスとおさらばしたベイダー卿です。
 

何回続くか分かりませんけれども、プログラミングを趣味で始めちゃおうかなぁと思っている方に向けての話をしてみたいと思います。

というか、むしろ、これを読んでプログラムを始めたい!と思ってもらうための話。

いやいや、ここであなたがこのブログにたどり着いたのも何かの縁。

きっちり、プログラマーになっていただきましょうか!というくらい、気合の入った話。

でも、具体的なプログラミングの方法や、環境構築なんて話は、もちろん、ほとんど出てこない。

そういうのは、ほら、builder内を見渡せば、僕以外の皆さんが、しっかり書いてくださってるじゃないですか?

それに、本屋に行けば書籍があり、ググれば、参考サイトは山のように出てくる。

一介のジェダイである僕にはそういう皆さん以上のうまい解説なんてできるわけ無いんですよ。

だから、僕がやるべきは、メンタル的なところっていいますかね?

気持ちの高揚?

やる気の掘り起こし?

心構え?

ちょっとしたきっかけ?

そういったものを与えるお手伝いといったところ。

今まで、プログラミング界には、具体的な手法を書いた専門書は山のように出ています。

でも、プログラミング初心者に対する精神的なフォローに関してはあまりない。

そこを今回、僕が埋めたいと思うわけです。

つまり、プログラマー(になりたい人)のメンタルサポートなわけです。

 

で、プログラムって難しいと良く言われるわけですが、包み隠さず言いますけれども、実際、難しいんです。

だいたい、どうやって作ってるのか、イメージが沸かない。

例えば、「WindowsVistaってプログラムされて作られたんですよ」なんて言われたってね。

どこをどうすれば、これができるのよ?

というのが、素直な感想ですよ。

たとえば、一応プログラマーの僕だって、WindowsVistaと同じようなもの作れって上司に言われたら、

うんざりして、屋上に上り、青い空を見上げて去り行く雲を数えながら、ボケーっと現実逃避しちゃいますよ。

そして、作ることよりも、会社を辞めることのほうを本気で考える。

敵があまりにも強大だと、いきなり降参、やる気にすらならないんですよね。

レイア率いる反乱軍みたいに、みんながみんな立ち上がってレジスタンス活動ができる、強い気持ちの持ち主ばかりじゃないのですよ。

たいていの人は、すぐに心が折れて、楽なほうへと流れていってしまう。

そして。

プログラムが分かってる人にすると、「最初からWindowsVistaを作るとか、そういうこと言い出すな!」って突っ込みたくなるわけですが、

プログラムを始めようとする初心者の皆さんにとっては、作るものがWindowsVistaみたいなOSなのか?、

ブラウザなのか?、計算ソフトなのか?、メモ帳みたいなエディタなのか?、なんかの便利ツールなのか?、

ジョークソフトなのか?、はたまたゲームなのか?なんていうのは、関係なくてですね。

基本的に全部一緒なんですよ。

「自分が欲しいものを作りたい!」というのがモチベーションの源。

でも、これが厄介。

実際、作りたいものが難しそうだとなると、「ああ、やめた」ってなっちゃうわけですね。

だから、それをまずは何とかしたいわけなのです。

最初に言います。

まず言います。

あなたが思い描いている作りたいソフトが、いきなり、すぐに、それほど苦労することなく作れるというのは幻想です。

スクリーンの向こう側でのお話だと思ってください。

プログラムの入門書なんか見ますと、ほら簡単!って書いてあることありますけどね。

確かに示されている例題は結構楽に作れるものが多い。

でも、たいてい、その例題のままで満足する人なんて、いないんですよ。

なぜか?

その例題程度の機能を有したソフトは世の中に大量にあるから。

今更、あなたが作る必要なんてないから。

すでに誰かが作ってくれちゃってるから。

だから、そういう例題に、もっとなんか追加したいとか、もっと違う動作をさせたいとか、細かいところがなんか違う、みたいな不満が必ず出てくる。

それを解消したいがためにプログラミングを自分でやりたいということになるわけですよね?

そのときに、「ちゃんと自分の思った動作に導けるようになる」というのが、プログラミングを学ぶ真の目的なんですよ。

ですが、それにはそれなりの努力と時間と根気と愛とフォースが必要。

なので、思い描いている理想のソフトを作ることを最初のモチベーションにすると、多分いきなり挫折する人が大多数だとおもうんです。

特に趣味ですしね。

仕事じゃないから、出来なくてもキャリアにも給料にも響かない。

そうなると、どんどん、脱落していく様が目に見えるようです。

まるで、「人がゴミのようだ!」ってな感じで、落ちていく姿が想像できる。

何回も落ちた僕だからそれは良くわかる。

だから、その欲しいソフトを作りたいという希望は、この際、きっぱりと捨てていただきたい。

「捨てちゃったら、作ろうとしている意味が無いじゃないか!!」

なんて非難轟々だと思いますけれどもね。

でも、こう書く以上、僕だって何も用意してないわけじゃないんですよ。

何の覚悟も決意もなしに、あなたに希望を捨てろなどとと無慈悲なことを迫ったりはしない。

あなたに、希望を捨てさせたなら、新たな希望を差し上げる。

僕からあなたに、ブログラムを作りたくなる別のモチベーションを献上いたしますよ。

その自信があるから言うのです。

で。

それは何かといいますとね。

 

例えば、僕が会社で、

僕 「あのさ、ちょっと分からないところがあるんだけど…」

って、先輩のオビワンに言ったとします。

そうしたら、おそらく、

オビワン 「あ?なに?ググっとけば?」

とか言われますよ。でも、それが、女性で、

アミダラ 「オビワン、ここわからないんだけど…」

ってなったら、オビワンはおそらく、自分の仕事を後回しにして駆けつける。

こんな不条理が普通にまかり通っているのです。

そう、世の中は不条理。

しかも、それに抵抗しようとすると、大人気ないとか、男らしくないとか、かわいくないとか言われる。

それも不条理。

もう不条理が不条理を呼ぶ、世知辛い世の中なのですよ。

でも。

プログラムには、一切の不条理が無いのです。

あなたも、わたしも、あそこのあいつも、銀河の彼方のあの人も、フォースのあるなしにもかかわらず、みんなに平等。

僕にもアミダラにも、すべからく平等。

世の不条理を忘れ去ることができる。

その重大な役目を担っているのが、プログラミング言語っていわれる、プログラムを作るためのソフト。

そう、僕が他のエントリーでよく出してる、ツンデレ女神のコンパイラ様のことなのです。

多少御幣はありますが、プログラミング言語=コンパイラ様とでも、とりあえず思っちゃっててください。

彼女は、人間が一生懸命、毎晩夜遅くまでかかってコツコツ書いたプログラムという熱い思い、一種のラブレターを評価して、容赦なく赤ペンを入れてくる存在。

何百行、何千行、何万行あろうとも、たった一箇所、間違っていただけで、絶対に許すことの無い容赦の無さを誇っているわけです。

プログラマを評価するのは人じゃない。

血も涙も無いとはまさにコンパイラ様のこと。

何人のジェダイが、彼女の前で力尽きていった事か…。

でも。

でも、それだけに、コンパイラ様の前では、人間界の不条理など全く存在しないのです。

あなたが美人じゃなくても、君がイケメンじゃなくても、コンパイラ様の反応に差がついたりはしない。

同じラブレターを渡したら、同じ結果が返ってくる。

必ず。

それが保障されているから、プログラムって楽しいのですよ。

努力をしたら、その分、報われる(ような気がする)。

頑張っていれば、自分の作りたいものがいつか作れるようになる(と思う)。

そして、コンパイラ様に愛されるラブレターが書けるようになりさえすれば、あなたは無敵のジェダイになれる!

だから、この機会に始めてみてもいいんじゃないでしょうか?

希望しているソフトがすぐには作れないかもしれない。

でも、なにか、一つでいいから自分の思い通りに動くものができたら…。

誰がやっても平等に、コンパイラ様が応えてくれるという懐の深さを体験できたら…。

それは至上の喜びじゃないですかね?

その喜びをあなたに差し上げる。

あなたに捨てさせた希望の変わりに、新たなモチベーションとして差し上げる。

そのためにプログラミングを薦めてみたいわけです。僕としては。

「人生の不条理をプログラムで取り返せ!」

これを合い言葉に、これから、僕と頑張っていきましょう。
 
 

※このエントリは ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet Japan編集部の見解・意向を示すものではありません。
  • 3件のコメント
#1   2009-03-18 22:05:40
プログラムに興味のある女子です。応援していますので、頑張ってください。
#2   2009-03-19 16:32:46
誠意と励まし。
文明の転換点と言われる時代に社会が必要とされているものですね。

頑張ってください。

#1のような女性も期待してくれています。
それにしてもシルエットが・・・
いえいえ、きっとビルダーのデザインのせいです。
みんな、温かい目で見守っています。
#3 ベイダー卿   2009-03-24 13:13:05
#1さん
ありがとうございます。
本当にお役に立つのかどうか分かりませんが、
僕なりに力の限りをぶつけて書いてみたいと思います。


#2さん
暖かい励まし、ありがとうございます。
なんとなく、僕って空気が読めないタイプなので、
色々とご心配をおかけしたりしてしまうのですが、
とりあえず、自分のしたいことは、最後までやろうと思っていますので、
僕のエントリーでよければ、また良ければ読んでやってください。
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]