ベイダー卿

プログラムが動かない!

2009-01-08 12:52:11

コーホー、コーホー、こんにちは、年賀状が4通も戻ってきたベイダー卿です。

 

その日、普段どおりにハイテンションで出社した僕。

先輩のダースモールさんや、上司のダースシディアスさんにも元気にご挨拶。

席に着くと、いつものように、パソコンの電源を入れる。

ウィーンというファンの風切り音がして、ブーンというライトセーバーを抜く音(起動音)がして、今日も僕のパソコンは軽快に起動。

何も悪いところはない。

そして、早速メールと予定表をチェック。

「10時から結合テスト」

なんて予定が入っていたりして。

でも、そのためのプログラムは、前日までにしっかり作ったし、十分に間に合う予定。

そんな余裕の状況にちょっとニンマリしつつ、プログラミングの続きをすることに。

開発環境を立ち上げ、作っていたプログラムを呼び出す。

それは昨日、終電まで残業して、かっちり仕上げたプログラム。

しっかり動くように作りこんである自信作だ。

今更確認する必要も無いくらいだけれど、やっぱり誇らしいその動作は今日も見ておきたい。

良い結果は何度確かめても楽しいものだから。

鼻歌交じりに、そのプログラムをコンパイル。

すると…。

”残念、こんな変数、ここで使えるわけねーんだよ”

”リンカエラー。そんな関数どこにもないよ~ん”

”なめとんのかお前!そんな構文理解できるか!ボケ!”

なんていう、エラーメッセージのオンパレード。

僕 「はっ?!」

昨日、確かに、コンパイル通ったのに。

昨日、確かに、動いてたのに。

昨日、確かに、問題なかったはずなのに…。

なぜ?

あわててソースファイルの日付を見直す。

でも、それは確かに昨日作ったファイル。

終電間際のギリギリ感がにじみ出てる。

もう帰りたいよぉ~と泣いたその涙でファイル名がにじんでる。

そんなソールファイル。

だったら動くはず…。

絶対動くはず…。

でも、なぜか動かないプログラム。

プログラムが動かないというこの現実。

しかも、迫ってくる、結合テストの時間。

一気に精神的優位は崩れ去り、余裕は銀河の彼方へと吹っ飛んでいくわけですよ。

首に鎖つけて捕らえた気になっていたレイア姫に、その鎖で逆に首を絞められたかのごとき状況。

もう、ジャバザハットも形無し。

途方にくれます。

パニックです。

とにかく頭の中にあるのは、「なぜだ?」という疑問のはてなマークのみ。

「俺は、坊やだったのか。教えてくれ、シャア…」

 

そして、時は無常にも流れ…。

結合テストのお時間。

朝の余裕は一転、もう、完全に僕はフォースのご加護の外なのです。

ダースモール 「なんで、おまえのだけ、動かないわけ?」

ダースシディアス 「なにやってたの?」

僕 「すいません。昨日までは確かに動いてたんすよ…」

ダースモール 「昨日動いてても、今日動かなかったら意味無いじゃん」

なんていう、容赦の無いライトセーバーの斬撃が僕を打ち据えるわけです。

わかってる。そんなこと言われなくてもわかってるさ。

でも、でも。

だって、だって。

動かないものは動かないんだもん…。

 

皆さんも、こんな経験ありませんか?

ちゃんと動作確認までしたプログラムが、次の日、なぜか動かなくなってる。

「は? なにこれ? 昨日、ちゃんと動いてたっしょ! マイガッ!」

なんて、顔面蒼白になって、パソコンの前でジタバタしながら、立ち上がってジーザスポーズをとるわけです。

特に、リリース直前とかになるとその破壊力たるや、もうデススターのスーパーレーザー並ですよ。

確実に撃沈。

プログラマなら、一度くらいはこんなことありませんか?

いや、きっとある。

ない奴はプログラマーじゃない。ジェダイですらない!

 

もうね。不思議すぎるんですよ。

こうなると、僕のパソコンには、小人がいるとしか思えないんですよ。

夜中に勝手に作業をしてくれる小人。

しかも、ダメなほうに…。

きっと、僕のパソコンにいる小人は、かわいらしい妖精タイプじゃない。

「私に任せて!しっかりやっといてあげるから!」

とか、言ってくれるような、ものすごく頼りがいのあるティンカーベルみたいな奴は絶対にいない。

きっと、酒飲んでひっくり返った挙句に、声をかけようものなら、

「あぁ!?なんじゃと?プログラムやっとけってか? ヒック…」

とか、真っ緑な顔して、お尻かきながらだるそうに立ち上がってくる親父タイプだと思う。

「酔ってるなら、やるなよ」って突っ込みたくなるような奴。

でも、ちょっとおせっかいで気のいい奴。

そんな小人。

ダメなヨーダって感じ…。

あなたのパソコンに居るのは、ダメヨーダですか、それともティンカーベルですか?

ダメヨーダの存在が疑われる方、お気をつけくださいね。

いつ、ダメヨーダが起き上がって、明日リリース予定のあなたのソースを書き換えるかわかりませんから。

しかも、ダメヨーダはどんなセキュリティソフトでも除去不可能ですから。

 

ちなみに…。

僕のプログラムが動かないのは、決して、前の日の夜にソースをセーブし忘れたとか、

設定を保存し忘れたとか、ソース管理が適当で誰かに書きかえられちゃっただとか、

そもそも見てるストレージを間違えてるだとか、そういうことでは、決して決して、ないんです。

全て、ダメヨーダのせいなのです。

うちのダメヨーダ、いつになったら出て行ってくれるんだろ…。

※このエントリは ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet Japan編集部の見解・意向を示すものではありません。
  • 2件のコメント
#1   2009-01-09 10:14:45
経験があるのはこんな感じですかね~

 ・自分がやらかしちゃってる(だいたいはコレ)
 ・ライブラリ周り(バージョンあげたらメソッド消えてたり)
 ・ほかの人がコミットしたコードのせい(依存コードにバグ仕込まれてたり)
 ・サーバやミドルウェアのキャッシュ機構に残った古いコードが動いちゃってる
#2 ベイダー卿   2009-01-13 12:59:29
自他共に、結構やらかしてらっしゃいますね。さすが、ジェダイな#1さんと仲間達ですね。

共同開発って、良いようで、難しいことも結構ありますよね。
僕も、自慢じゃないですが、他人のプログラムを壊しては怒られる毎日です。
いつか、ダメヨーダを追い出してやりたいものですよね。
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]