ベイダー卿

宇宙へ飛ばすメール

2008-12-08 08:26:49

コーホー、コーホー、おはようございます、風邪の後遺症なのか口内炎ができてしまった、ベイダー卿です。

 

今日の話は、サイトの紹介。

たまには真面目なエントリーも書けるんですよってところを見せてみたくてねぇ。

もともと、根は真面目なんですよ。

でも、レーザーを撃たれると、つい、反射的にライトセーバーで打ち返す、みたいな性格ではあるんですけど。

意味わかりませんね。

すいませんね。

 

で、実は、数日前から、すごく悩んでることがあるんですよ。

作ってるプログラムが納期に間に合いそうもないとか、

そもそも、次の仕事がない、なんてことではないんです。

そんな日常茶飯事の出来事はどうでもいいですし。

さらに、ジェダイの修行に行き詰ったとか、

アミダラさんのあまりのツンデレっぷりに対処しきれないとか、

そんなことでもなく…。

 

何に悩んでいるか?といいますと。

事の発端は、

超高速インターネット衛星「きずな」を使ったE-Mail伝送実験

これ。

楽しそうなんですよ。

しかも、毎年無縁なクリスマスの気分も味わえそうです。

人肌恋しい12月ですしね。

それに、なんだか、インターネットの未来がちょっと見える感じでもありますし。

なにより、宇宙です。宇宙。

そのうち、スターデストロイヤーが航行する予定の宇宙ですよ。

こういうイベントは、もう黙っていられないのです。

なら、グダグダ言ってないで参加すればいいだろ!って思いましたでしょ?

メール登録するだけだし、何騒いでんだ?って思ったでしょ?

僕も、最初、お気軽にホイホイ参加しようとして、申し込みページまで行きましたよ。

送られる画像を鼻歌交じりに楽しく選びましたしね。

「これで宇宙は俺の物!」

なんて、勝手に所有権主張してみたりして。

でも、その次…。

送る相手のメールアドレス記入欄を見て、ハッ!と気がついたんですよ。

「送る相手がいねぇ…」

ということに。

それが悩み。

すごい悩み。

もうね。

すごすご退散ですよ。

意気揚々とJAXAの正面玄関を叩いたのに、裏口からコソコソ帰って来ましたよ。

JAXAまでもが、この寂しいプログラマーを師走の冷たい路上に放り出すのですか?

なんて100%の言いがかりをつい口に出しそうになったところで、必死にこらえてみたり…。

ついでに、涙もこらえてみたり…。

なんて、まあ、僕のことはどうでもいい話なんです。

クリスマスにこんな企画考えるなんて、JAXAも粋なことをやります。

江戸っ子この上ないですね。

伊達にロケット打ち上げてるわけじゃないんです。

というわけで、楽しそうだったので、ご紹介したということ。

送る相手のいる方は、宇宙経由のクリスマスメール、やってみてはいかがでしょうか?

僕も、興味はものすごくあるので、自分の携帯にでも送ってみようかなぁ…。

やっぱり、送るとこ、そこしかないしね…。

そうだよね…。

それでもいいよね…。

大丈夫だよね…。

…。

うわーん。

※このエントリは ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet Japan編集部の見解・意向を示すものではありません。
  • 2件のコメント
#1   2008-12-14 14:21:51
GoogleかYahooでself_space_return@... とか yaya_satelite@... とかのアドレスを取ってみるのはいかがでしょうか?
#2 ベイダー卿   2008-12-16 13:53:37
優しいコメントをありがとうございます。
確かに携帯向けよりはそういうほうが面白いかもしれませんね。
宇宙事業に参加してる感じも出ますし。楽しそうです。

でも、どこか、根本的なところが解決してないような…。
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ