CEOも知っておきたいデザインに関する10つのコト

2010-07-08 14:48:10

デザインに携わっていない方に対してデザインを伝えることはとても難しいですし、そこにお金と時間を費やすという感覚も分かってもらえない場合があります。デザインの重要性を訴えようとしても「デザイナーだからそう思っているんじゃない?」と思われてはどうしようもありません。

家庭や個人の家計や財務管理用の Web サービス mint.com。そこでデザイナーをしていた Jason Putortiが、10 Things CEOs Need to Know About Designというスライドを公開しています。このスライドには、CEO だけでなくデザインに直接携わらない人に対してよい説得材料になりそうな項目が幾つか掲載されています。また、デザインにはこういった仕事も含まれていることを示すにもよさそうです。

そのスライドで以下の10項目が挙げられています。

  1. デザインはビジネスを変えることができる
  2. デザインは素敵な装飾以上である
  3. 機能ではなく利用者にとっての利益を語る
  4. 画面単位ではなくフローを考える
  5. 利用者を考えさせない
  6. 素晴らしいストーリーからはじめる
  7. テコ入りをするためにデザインを利用する
  8. オフィスの外に出て観察する
  9. デザインにもルールがある
  10. 反復・洗練

 

10 Things CEOs Need to Know About Design

 

<script src="http://b.scorecardresearch.com/beacon.js?c1=7&c2=7400849&c3=1&c4=&c5=&c6="></script>

※このエントリは ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet Japan編集部の見解・意向を示すものではありません。
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]