Chrome OS UX ガイドライン

2009-11-20 14:21:36

先日、全貌が明らかになった Chrome OS。来年後半に向けて開発が進んでいる状態なので、これから変わることも少なくないと思いますが、Webブラウザを OS に見立てたらどうなるのかを Google らしい視点で表現しています。

オープンソースプロジェクトということもあり、開発者は Chrome OS に新たな価値を加えることが可能。1年後のプロダクトを今発表するのも、早い段階から開発者のアイデアを取り込んでコミュニティをつくっておきたいという Google の考えもあるのでしょう。文書も充実しておりアーキテクチャからソースコード管理まで詳しく解説されています。

インターフェイスデザインに興味がある方は、Chromium OS‎ > ‎User Experienceがお勧めです。まだ情報量は少ないですが、既にタブとパネルに関する解説が書かれています。

Chrome OS は3つのテーマがあり、機能やデザインはそれらを補助するために作られているそうです。

  • コンテンツを活かすためにシステム UI のミニマム化
  • デスクトップアプリケーションの機能と体験を Web アプリケーションで再現
  • 検索を基本とした操作

Chrome OS の開発が進むにつれ、デザインガイドラインも充実していくと思いますので、今後も要チェックです。


※このエントリは ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet Japan編集部の見解・意向を示すものではありません。
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]