シナリオや仕様を考慮しながらプロトタイプが作れる「Justinmind Prototyper」

2009-08-20 18:25:55

最近は単に線や図形を描けるだでなく、ページやサイト内でのインタラクションを考慮しながら作れるプロトタイプツールが増えてきました。その中でも上質な作りになっていると感じるのが「Justinmind Prototyper」です。ページの間の構成、エリアの表示・非表示、値の変更などといったインタラクションをプロトタイプ上で作ることが出来ます。トリガーするイベントもクリックだけでなく、様々な動作が用意されており、シミュレーションモードで実際のサイトを動きとそっくりなプロトタイプを実際操作することが出来ます。

このツールの興味深いところは、単にユーザーインターフェイスを作るだけでなく、想定した利用者の動向をページと照らし合わすことが出来る「シナリオモード」、プロトタイプにコメントを加えることが出来る「簡易タスク管理モード」、機能やテストなどの記録が出来る「仕様書モード」があります。これらは独立したモードではなく、それぞれが相互関係にあるので、仕様書に書き込んだ項目はインターフェイスではどの部分を指しているのか分かるようになっています。プロトタイプが中心にあるちょっとしたプロジェクト管理ツールとして捉えることも出来ます。

インターフェイスはすべて英語ですが、ほとんど日本語が使えます。変数や他のモードと関連付けさせるためのラベルのみ半角英数のみ対応になります。Java で開発されていることもあり、Mac でも Windows でも使うことが出来ます。作ったプロトタイプは専用ビューワーで観覧するのがベストですが、 HTML 形式で書き出す機能も実装されています。

値段はシングルライセンスで 690ドルと少し高めですが、無料で 30 日間使えるので、一度試してみはいかがでしょうか。

※このエントリは ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet Japan編集部の見解・意向を示すものではありません。
  • 1件のコメント
#1   2009-09-07 16:32:28
I'm from Justinmind. Thanks for your review. If you're interested in winning a free license, visit iaapps.com and see our contest. We're giving licenses to the best reviews.
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]