アメリカ政府が提供するITダッシュボード

2009-07-09 12:41:07

膨大な情報を一望出来る見せ方にダッシュボードがあります。iGoogle のようなポータルサイトや、WordPress のような Blog/CMS で使われています。詳細な情報が分からないですが、情報の「今」を視覚化してくれるので、現状をいち早く把握したいときに便利です。ダッシュボードを開発するしない関係なく、情報の見せ方という意味ではインスピレーションになります。例えば sisenseDashboard InSight が提供しているギャラリーや、ダッシュボードデザインの好例や悪例を紹介している Dashboard Spy のようなブログは眺めているだけでも楽しくなります。

最近見つけたダッシュボード系のおもしろいサイトといえば、米政府が提供する Federal IT Dashboard というサイト。米政府が IT 関連にどのように、そしてどれだけ投資しているのかを視覚的に見ることが出来ます。カスタムフォームが作れるだけでなく、特定のデータの CSV や RSS を取得出来る優れモノ。アメリカでは情報の透明化が進んでいますが、これはその好例といえるでしょう。


関連記事: データを一望出来るダッシュボードいろいろ

※このエントリは ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet Japan編集部の見解・意向を示すものではありません。
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ