山田井ユウキ

iPhone最強の録音アプリ「HappyTalkレコーダー」の使い方

2012-04-09 07:00:00


builder読者の皆さん、こんにちは。

金曜日担当の山田井ユウキです。 

(といいつつ月曜になってしまいました……)


今回は僕が仕事で愛用しているiPhoneの録音アプリ「HappyTalkレコーダー」の使い方をご紹介します。

定価600円と少々高額ですが、音質に関しては録音アプリでは最高クラスだと思うので、仕事等で使うなら損はないと思います。



 

起動するとこんな画面。

他のアプリに比べて操作方法がちょっとわかりにくいのですが、

赤いアイコン「New」を押すと録音がスタートします。


このとき真ん中にあるアイコンをタップすると録音モードを変更できます。


1対1で話すときなど距離が近いとき。

会議用。

話している人が遠いとき。



……まあ正直モードはそんなに神経質にならなくてもいいです。


録音中はこんな画面になります。

「STOP」で録音を終了します。「STOP」の右の一時停止ボタンで録音を一時停止します。

終了後に「New」を押すと新しい録音を開始。「Rec」は前のファイルの続きに録音します。

真ん中の星マークをタップすると、その部分にブックマークを作ることができます。後から聞くときにブックマークしたポイントにジャンプできるのでキリのいいところに作っておくと便利です。


再生するときは録音停止した後、「Play」ボタンで今録音したばかりのファイルを再生できます。

その際に画面右にある「+」「-」ボタンを使うと再生速度を変更できます。



また画面下部の「Library」を押すと、


録音したファイルはこのライブラリに保存されています。画面下部「Recorder」を押すと録音の画面に戻ることができます。

またファイルの音声は右下の再生ボタンから聴くことができます。


では録音した音声をPCで聴く場合はどうするか。ここからがこのアプリの真骨頂です。


まず画面左上の「Share」をタップし、

ここで「WiFi Web Server」をタップ。短い録音ファイルなら「Send E-mail」で送ってもいいでしょう。



するとこんな画面になります。WiFiに接続できていれば、画面下部に「http://」から始まるURLが表示されているはずです。

まずは右下の「Set Password」をタップして、


パスワードを設定します。


完了したら先ほどのURLをPCに打ち込み、パスワードを入力。



するとこんな画面が開くので、あとは下の方に並んでいる録音ファイルをダウンロードするだけです。



……ややこしい感じがするかもしれませんが、やってみるととても簡単です。

何よりレコーダーとしてiPhoneが充分に機能するというのがありがたい!

あまりレコーダーを日常的に使う人は少ないかもしれませんが、講演や会議の録音用に入れておくと便利なアプリだと思いますよ。


→HappyTalk(iTunesを開きます)



※このエントリは ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet Japan編集部の見解・意向を示すものではありません。
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ