山田井ユウキ

私が影響を受けた・ハマった5つのゲーム(ついでにスマートフォン編も)#5games

2012-03-26 07:00:00


builder読者の皆さん、こんにちは。

金曜日担当の山田井ユウキです。


……といいつつ月曜になってしまいました。


ふらふらとネットを徘徊していたところ、私が影響を受けた・ハマった5つのゲームという記事を見つけました。

どうやらこのネタでたくさんのブロガーさんが記事を書いておられるようです。

ゲームは僕も大好きなので乗っかって記事を書いてみたいと思います。

ガジェット系のブログですので、オマケでスマートフォン編も。



【家庭用ゲーム機編】

1.スーパーマリオワールド

初めて自分で買ったゲームソフトがこのスーパーマリオワールドでした。このゲームに出会っていなければその後のゲーマー人生はありえなかったと思います。何周も遊んだし、攻略本も買ったし、とにかく死ぬほどやりこみました。

ファミコン時代のマリオを正統進化させた面白さ、絶妙な難易度、どれをとっても最高峰のゲームで、今でも遊んでいる人が多い大傑作です。これだけ長く愛されているソフトも他になかなかないと思います。



2. ファイナルファンタジー4

初めてプレイしたRPGがこれ。当時、RPGといえばドラクエしか名前を聞いたことがなかった自分は、ゲームショップへ行って、「スーファミのドラクエをください」「スーファミにドラクエは出てないんですよ」「……じゃあドラクエみたいなのをください」「これなんかどうでしょう」というアホな会話を繰り広げて、偶然FF4をゲットしました。最初に出会ったRPGがFF4で本当に良かった。このゲームでRPGの面白さに目覚めて以降、一番好きなゲームのジャンルはずっとRPGです。

ストーリー、(当時としては)グラフィック、音楽、キャラクター、どれをとっても超一流の完成度。色々なハードでリメイクor移植されており、DSで発売されているリメイク版もよくできているので、ぜひ遊んでみてください。



3.三国志3

友人に勧められて何となく始めてみたらハマってしまったコーエーの三国志3。今、コーエーで三国志というと「三国無双」シリーズになると思いますが、当時はシミュレーションゲームの「三国志」がコーエーの看板シリーズでした。三国志についてはぜんぜん知らなかったのですが、このゲームからハマって小説、漫画などあらゆる三国志モノに手を出し、最終的には大学の卒論も三国志をテーマに書くことになりました。人生に大きな影響を与えたゲームの一つです。



4.モンスターハンターポータブル2ndG

大人になってからここまでハマるゲームに出会うとは思いませんでした。1本のソフトにかけた時間としては間違いなく自分の人生で最長だと思います。1800時間ほどやりこみ、その後のシリーズ作品もすべて遊んでいます(現在は3DSで発売された3Gを600時間ほどプレイ)。職業柄、モンハン絡みのお仕事をいただくことも増え、これもまた人生に大きな影響を与えたゲームになりました。



5.RPGツクール3

5本目はかなり迷ったのですが、ものを作る楽しさを教えてくれたという点ではこれ。タイトルの通り、RPGを作ることのできるゲームで、作った作品は実際にプレイすることができます。特にプレイステーションの3は完成度が高く、今でもファンの多いソフトです。数百時間をかけて完成させた2本のRPGは、もちろん今思えば色々と稚拙な出来だったのですが、作品をちゃんと最後まで仕上げることの大切さと、仕上げたときの達成感を味わえたのは良い経験になったと思います。



……他にもダビスタ、ドラクエシリーズ、サガシリーズ、スト2、桃鉄、ドカポン、パワプロ……と挙げたらキリがないのですが、トップ5はこんな感じでしょうか。やはり子どもの頃に遊んだゲームが上位にくるのは仕方ないですね(そう考えるとモンハンはすごい)。


続いてはスマートフォン編。……というかiOS編ですね。


【スマートフォン編】

1.ザ・セトラーズ

iPhoneゲーム業界でブイブイ言わせているゲームロフト製のアプリ。施設を作り、人を配置し、軍隊を育成して敵の殲滅を目指す箱庭シミュレーション。町を作るのも楽しいし、育成した軍隊で一気に敵を攻め滅ぼしたときの快感もすごい。家庭用ゲーム機編で三国志3を挙げましたが、ああいうチマチマした作業で物資を蓄えるのが好きな人はきっとハマると思います。



2.Crush the Castle

Angry Birds系の物理アクション。こっちを先にやったせいか、思い入れはAngyry Birdsよりも上。iPhoneを買ったばかりの頃、かなりやりこみました。タップで投石機を動かし、再度タップで石を投げ、敵の砦にうまく当てて壊すというゲームです。ステージが進むと敵の砦は堅牢になりますが、プレイヤー側の石の種類も増えるのでさらに戦略性が増して楽しくなります。



3.ZOOKEEPER

3マッチパズルというジャンルのゲームはiPhoneで初めてやったのですが、その中でももっとも完成度が高く、ハマりにハマったゲームがこれ。縦横に3つ以上同じパネルをそろえると消えるというシンプルなルールですが、連鎖したときの気持ちよさや、もう一回だけ……と、つい遊んでしまう難易度が絶妙です。



4.Civilization Revolution

時間泥棒と名高いCivilizationがiPhoneでも遊べる! ということでやっぱり夢中になって遊んでしまいました。かなり取っ付きにくいゲームなので、最初はネットなどで遊び方を調べながら……ということになると思いますが、それだけの価値はあるゲームです。



5.エレメンタルモンスターTD

タワーディフェンスゲームにハマるきっかけになったアプリ。他にも色々遊びましたが、世界観なども含めてやっぱりエレモンが大好きです。同ジャンルのゲームとしては難易度も低い方だと思うので初心者にもオススメ。



……こうしてみると家庭用ゲーム機とスマートフォンでは微妙に好みのゲームに違いがあって自分のことながら興味深いですね。特にスマートフォンのゲームは大人になってから遊んでいるということもあって、隙間時間でちょこちょこ進められるものが比較的多い印象です。RPGはやっぱり時間がかかりますしね……。


ということで「私が影響を受けた・ハマった5つのゲーム(ついでにスマートフォン編も)#5games」でした!




※このエントリは ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet Japan編集部の見解・意向を示すものではありません。
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]