山田井ユウキ

iPhoneゲームアプリの大作「Infinity Blade2」がついにリリース! 迷っている方のためにどんなゲームかご紹介します

2011-12-03 07:00:00


builder読者の皆さん、こんにちは。

金曜日担当の山田井ユウキです。


前々から心待ちにしていたiPhoneゲームアプリの大作「Infinity Blade2」がついにリリースされました!

夢中になって遊んでいたら知らない間に丸一日過ぎてしまいました。


AppStoreの有料アプリランキングの上位にいるので気になっているけど、どんなゲームかわからないので買うのをためらっている……という人も多いと思います。


ということで今回は「Infinity Blade2」がどんなゲームなのかを簡単にご紹介していけたらと思います。


Infinity Blade2【600円】


Infinity Blade2は簡単にいうと「ものすごくグラフィックの綺麗なフリックアクションゲーム」です。

レベルや装備といったシステムがあり、ロールプレイするという意味ではRPGと言えなくもないのですが、いわゆる日本人にとってのRPGを想像して始めると「何か違う」ということになります


グラフィックの質は期待されていただけあり、さすがの一言。


書き込まれた背景、キャラクターの質感などは前作をさらに上回るものになっています。……まあ前作も十分すごかったのですが。


今回はこういう日本(?)チックな場所も登場します。世界観が広がっていますね。


基本的なゲームシステムは前作とまったく同じ。

敵と1対1で戦い、先にHP(生命力)をゼロにすれば勝利となります。

Infinity Blade2は「戦闘」→「先へ進む」→「戦闘」の繰り返しのみのゲームなので、この戦闘を楽しいと思えないと、「買って損した!」ということになってしまいます。


ということでどんな戦闘なのかをご紹介します。

戦闘でやることは非常にシンプル。

「相手の攻撃をいなし、チャンスができたら攻撃をたたき込む」

です。


画面をなぞると装備している武器で攻撃を繰り出せるのですが、ただ闇雲に攻撃してもガードされてほとんどダメージを与えることができません

攻撃していいのは相手が隙を見せたときのみです。


では攻撃のチャンス(相手の隙)をいかに作るか、ですが、大きく分けて3つの方法があります。

「盾で相手の攻撃をブロック」

「相手の攻撃を回避(ドッジ)」

「武器で相手の攻撃を弾く(パリィ)」

このいずれかの方法で相手の攻撃を何回かいなすと、「ブレイク」となって相手に隙が生まれます。そこにフリックで攻撃をたたき込みます。

ただし敵の攻撃は3方向からやってきます。右から攻撃が来ているなら右回避アイコンをタップする必要があります。

ここが戦闘のミソで、敵の振りかぶった動作などから次にどっちから攻撃が来るのかをすばやく判断し、ガードなり回避なりを行う必要があるわけです。失敗すると当然ダメージを喰らいますし、攻撃の隙を作ることもできません。

といっても最初はよくわからないし、振りかぶる動作から攻撃方向がわかりにくい場合もあります。

ある程度の反射神経はもちろん、慣れも必要になってくるので、そういうのがまったくダメという人はつまらないと感じるかもしれません。

攻撃がうまく決まるととても気持ち良いのですが、いわゆる無双アクションのように何も考えず斬るだけではダメなゲームなのです。


敵にやられるとキャラクターは転生し、もう一度最初から攻略していくことになりますが、レベルやお金、装備はなくなりません。時間をかければ強化して戦いやすくなるので、慣れていない人は最初は何度か死ぬつもりで挑戦してもいいかもしれません。


お金を貯めると装備を買うことができます。また宝箱などから拾う場合もあります。

装備画面では左右フリックで装備部位の切り替え、上下フリックで武器防具の選択を行います。チェックマークをタップすると装備します。


今回から武器は3種類に増えました。

「ライト(モンハンでいう片手剣)」「ヘビー(モンハンでいうハンマー)」「二刀流(モンハンでいう双剣)」です。

「ライト」はガード、回避、パリィとあらゆる“いなし”行動が取れバランスに優れた武器。「ヘビー」は回避ができず代わりにガードが3方向となりますが、一撃の威力があり、特に「パーフェクトスラッシュ」はすさまじいダメージを叩き出します。「二刀流」はガードができませんが、代わりに連続攻撃が強力です。

どれも長所があり迷うところですが、個人的には回避が苦手なこともあり、「ヘビー」を推したいです(まあ全部使えばいいんですが)。逆にガードしないよ、という方は「二刀流」がいいかもしれません。

また武器防具には様々な効果を持つジェムをつけることができたり、魔法やゲージをためることで使える「スーパー」など強力な技も存在したりします。このへんはやってみるとすぐわかります。



以上、何となく雰囲気は伝わったでしょうか。

人によっては単調に感じるゲームだと思いますので、決して万人向けではありません。iPhoneアプリとしては価格が高いこともあり、慎重になっている人も多いと思いますが、ここまでの説明で「面白そう!」と思えたなら買って損はないと思えるゲームです。


最後に一つ注意点を。

僕はiPhone4Sでプレイしてかなり快適に遊べましたが、iPhone4、初代iPadではかなりパフォーマンスが落ちるという話を聞いています。

iPhone3GSだともしかしたらまともにゲームにならないかもしれません。ここは要注意です。

グラフィックからもわかる通りかなり重いゲームなので、プレイされる場合はできるだけ他のアプリを落としてメモリを確保した上で遊んでみてください。


では僕はまたInfinity Blade2の世界に戻ります! チャオ!


Infinity Blade2


※このエントリは ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet Japan編集部の見解・意向を示すものではありません。
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ