山田井ユウキ

ブログ記事をヒットさせるために必要な4つの要素

2011-08-19 07:00:00


builder読者の皆さん、こんにちは。

金曜日担当の山田井ユウキです。


今回は「ブログ記事をヒットさせるために必要な要素」について考えてみたいと思います。


たとえば何かすごく面白いガジェットが発売されたとして、それについての紹介記事を書いたとします。

しかし当然、そのガジェットを紹介するブログは他にもたくさんあるはずです。


同じテーマを扱う多数のブログの中で、記事をヒットさせるにはどうすればいいのか。


単純にどこよりも早く取り上げたもの勝ちなのか?


それとも、


記事の中身がしっかりしている方が勝つのか?


どちらも要素の一つではあると思いますが、それだけではありません。

実際には、次の4つの要素をきちんと満たしている記事が最終的にヒットするのだと思います。


1.情報の価値

2.情報の鮮度

3.オリジナリティ

4.編集力


一つずつ説明します。


1.情報の価値

取り上げる内容は何でもいいわけではありません。

そのブログの読者はもちろん、ブログに初めてアクセスする(つまりあなたのことを知らない)ネットユーザーにとって、価値のある情報でないとヒットは見込めません。

ユーザーは「その情報に価値がある」と判断するからこそ、twitterで拡散したり、ソーシャルブックマークでブックマークしてくれるのです。

ただし、後述する(3)や(4)によって価値をある程度高めることは可能です。


2.情報の鮮度

同じテーマを扱う場合、他のブログよりも早く記事として取り上げることは非常に重要です。

またtwitterを例にとりますが(というか記事がヒットする上でtwitterでの拡散はもはやマスト)、ユーザーが同じ情報をわざわざ二回も拡散することはないからです。

つまりユーザーにとって“最初の情報源”となることが重要であり、ならば単純に早く記事を上げた方が有利なのは当たり前といえます。

ただし、これを重要視しすぎると消耗戦になる恐れがあり、さらにアクセス数のあるサイトが絶対的に有利なので、これだけにこだわるのはオススメできません。


3.オリジナリティ

「目の付け所」「切り口」と言い換えてもいいでしょう。

たとえば同じガジェットを紹介するとしても、単純に紹介記事を書くのではなく、詳細なレビューだったり、斬新な視点からの意見だったり、あるいは読者を惹きつける文章を書くことで、他ブログとの差別化を図ることができます。

(2)の「情報の鮮度」との両立が難しい要素ではありますが、そこは扱う物によってどちらを重視するかを判断すべきでしょう。

このオリジナリティが、大手に対抗する上での中小ブログの最大の武器になります。

「あなたが書く」ことで「情報の価値」を高められるようになれば、少々速報性で劣っていてもユーザーは「あなたの記事」を読みに来てくれるはずです。


4.編集力

「記事をどう見せるか」という、地味ながらも非常に重要な要素。

たとえば記事のタイトルをどうするのか、「続きを読む」機能を使うならリード文をどうまとめるのか、画像はどの位置に挿入するのがいいのか……等々、この編集力ひとつで記事の拡散率は大きく変わります。

内容がすばらしいのにあまりPVが伸びないのは、だいたいここがおろそかになっているからです(もしくはそもそもその情報に価値がない)。



以上、ブログ記事をヒットさせるために必要な4つの要素でした。

頭の片隅にでも残しておいていただければ幸いです。



※このエントリは ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet Japan編集部の見解・意向を示すものではありません。
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]