山田井ユウキ

巷で話題のGoogle+を早速使ってみた

2011-07-01 07:00:00


builder読者の皆さん、こんにちは。

金曜日担当の山田井ユウキです。


さてさて、最近Googleが飛ばしているみたいですねー。

What do you love?」という検索サービスと面白いのですが、やはり今一番ホットな話題は「Google+」ですよね。

まだテスト版とのことですが、噂によるとFacebookやtwitter、skypeなんかの良い所取りをしたSNSなのだとか。

とりあえず招待していただいたので実際に触ってみることにしました。


招待されるとまずこのページに飛びます。

どうやらこのGoogle+の特徴は3つ。

「サークル」「ビデオチャットルーム」「Sparks」です。


それぞれどういうことかというと、


まずサークル。

簡単にいうと、mixiでいうところのマイミクのグループ分けですね。

Google+には「ストリーム」と呼ばれるtwitterやFacebookみたいなつぶやき機能があるのですが、

これをサークルごとに公開範囲を設定できるわけです。

twitterとmixi日記の良い所取りという感じでしょうか。


そのストリームの画面がこれ。下に「友だち」「家族・親戚」とありますが、

これが公開範囲となります。

ツイートには写真や動画を添付してアップすることもできます。


次に「ビデオチャットルーム」ですが、

一言でいうと「skype」ですね

カメラとマイクがあればプラグインをインストールするだけでものすごく簡単にスタートできます。

というかあっさり始まりすぎて焦るくらいです。

あと「身だしなみを整えて」とかわざわざ言われるのが海外クオリティ。


最後に「sparks」ですが、

うーん……これはなんと言ったらいいのか……。

公式の説明文では


「自分の好みを知っている友達が新聞や雑誌の切り抜きを取っておいてくれたりしたことはありませんか。

Sparks はあなたの好みに合う動画や記事を自動的に探してくれます。

暇なときにいつでもSparksのおすすめコンテンツをチェックしたり、友達と共有したりできます」


となっていまして、

つまりサークルメンバーがクリップしたニュースがカテゴリ別に並んでいるボードという感じでしょうか。

逆に自分がクリップしたニュースはサークルメンバーの方に流れていく、と。

同じ話題を知人と共有する助けになりそうな機能ですね。



こうしてみると、以前のGoogle版twitterの反省を生かしたのか、

相当シンプルでわかりやすい作りになっているようです。

実質、コンテンツは、

「つぶやき」

「ビデオチャット」

「友だちの共通の話題」

この3つだけ。

サークルメンバーが増えると楽しそうですが、数人とかだとちょっと……って感じでしょうか。

これだけだとFacebookからわざわざ乗り換える人はそんなにはいないと思うので、

正式版では何か後一工夫ほしいところです。


ソーシャル系のコンテンツは最初にやった方がはるかに有利なので、

GoogleといえどもFacebookの牙城を崩すのは楽ではなさそうですね。

個人的にはGoogle+にがんばってもらって、再び世界のSNS勢力図が書き換えられると面白いなぁと思うのですが。




※このエントリは ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet Japan編集部の見解・意向を示すものではありません。
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]