山田井ユウキ

これは面白い! twitterやFacebookを新聞っぽい形式で読めるウェブサービス「paper.li」

2011-03-04 07:00:00


builder読者の皆さん、こんにちは。

金曜日担当の山田井ユウキです。


最近は情報収集ツールとしてtwitterを使うことが多いのですが、そのタイムラインに含まれているURLを抽出し、ニュースサイトっぽく表示してくれる面白いウェブサービスを見つけました。


paper.li」というサイトです。



簡単に使い方を説明しておきますね。


右上のログインから認証を行い、さらに「新聞を作成」を選ぶとこんな画面に。

ここで、どの情報をもとにニュースリストを作成するかを選びます。

「twitterのアカウントをもとに記事を収集」は、自身のタイムラインからURLを抽出。

「twitterハッシュタグをもとに記事を収集」は、特定のハッシュタグでの話題からURLを抽出。

「twitterリストをもとに記事を収集」は、指定したリストのユーザーによるツイートからURLを抽出。

そして右の「Facebook新聞」はトピックスやキーワードを指定してニュースリストが作られるという具合です。


また、「カスタム新聞」では、さらに細かく設定を変更できます。

特定のユーザーのみを対象としたり、トピックスや言語を同時に指定することが可能です。


さて、とりあえず僕はスタンダードに「twitterのアカウントをもとに記事を収集」を選んでみました。


発行処理が行われます。少し時間がかかるようです。


完成しました! 見やすい! でも新聞の名前がダサい! どうやらデフォルトで「デイリー ○○○(twitterのニックネーム)」になるようです。


とにかくこんな感じで、リンク先の文章も引っ張ってきてくれますし、画像がある場合はそれも表示してくれます。これは便利!


なお、画面上部から言語を選ぶこともできます。

ためしに英語にしてみると、


記事内容は別に変わりませんが、新聞名が何となくマシになった気がします。まあそれだけの話ですけど……。


他にも、赤枠で示した箇所でカテゴリごとに表示変更が可能だったりと、かゆいところに手が届く仕様になっています。


twitterやFacebookをニュース収集ツールとして使っている方は、より効率的に情報を整理するために「paper.li」を使ってみても面白いかもしれませんね。



※このエントリは ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet Japan編集部の見解・意向を示すものではありません。
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ