山田井ユウキ

時間や時計にまつわるウェブサービスを集めてみました

2011-02-18 07:00:00

 

builder読者の皆さん、こんにちは。

金曜日担当の山田井ユウキです。

 

今回は「時間」をテーマに色々なウェブサービスをご紹介していきたいと思います。

というのも最近やたらと忙しくなってきて、いかに自分が時間の使い方が下手かを思い知らされたからなんですよね……。

実用的なものから、ちょっとしたシャレの利いたものまで、様々なサービスがあるようです。

 

1.何もせず、2分間リラックスするように勧めてくれるサイト 

アクセスするとすぐに始まります。

中央に2:00という数字が出ていると思うのですが、これがだんだん減っていき0に近づいていきます。

0になったらちょうど2分間経ったということなのですが、しかしマウスやキーボードに触るなど、Fail(失敗)と表示され、再びカウントが2:00に戻ります。

2分って短いようで意外と長いんだなと思うと共に、何もしない時間を持つことの重要さを知ることができました。

 

2.80歳になるまであとどれくらいの時間があるのかを教えてくれるサイト

右上に誕生日を入れると、自分が80歳になるまであとどれくらいの時間が残されているのかを可視化してくれるサイト。

30歳や定年を設定することもできます。

いつか歳を取ることはわかってはいるのですが、改めて秒数まで出されるとなんかゾッとしますね。

時間は有限なんだなということに気付かせてくれました。

 

3.Youtubeやmp3を目覚ましとして活用できるサイト

朝なかなか起きられないという人のために、Youtubeやmp3を目覚まし代わりに使えるサイトをご紹介します。

使い方は簡単で、左下の「Add Alarm」を押して目覚ましをセットする時間を入れるだけ。

またその右にあるドロップダウンリストからかける音を選ぶか、もしくはさらにその右にある「Add」をクリックして動画URLを入れることで、お好きなYoutube動画を目覚ましとして使うことができます。

僕自身、朝の時間がどれだけ貴重か痛感しているので、こういった目覚ましサービスはありがたいです。

 

4.テキストボックスに単語(タグ)を指定すると、関連する写真をFlickerからとってきて時計にしてくれるサイト

これは面白い! 好きなタグを2つ(1つでもいい)指定すると、写真共有サイト「Flickr」から関連する写真を集めてきて、それを使って時計にしてくれるサービスです。

実用的というわけではないのですが、見ているだけでも楽しくなるサイトです。

 

5.人の一生を24時間に例えると今何時なのかがわかるサイト

これは先ほどのライフカウンターとはまたちょっと違った、時間を計るためのサイト。

人生を24時間と考えたとき、あなたは今何時のところで生きているのか。

時計という身近なものに置き換えると、より時間の大切さが身に染みますね。

ちなみに僕は午前9時9分でした。

 

 

――ということで、時間や時計をテーマにしたウェブサービスのご紹介でした。

一口に時間といっても色々な切り口があって面白いですね。

他にも何かあればぜひ教えてください。

 

 

 

 

※このエントリは ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet Japan編集部の見解・意向を示すものではありません。
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]