山田井ユウキ

年末に一気読みしたい選り抜きのWeb漫画を5作品紹介するよ

2010-12-24 07:00:00

 

builder読者の皆さん、こんにちは。

金曜日担当の山田井ユウキです。

 

年の瀬なので面白いWeb漫画をご紹介します!

……なんで“年の瀬なので”なのかというと、面白くて時間が吸い取られてしまうからです。ぜひ休みの間にまとめて読んでみてください。

 

ではさっそく。

 

ホラーファンタジー漫画「ヒトクイ」。

前半は「CUBE」のような脱出劇の面白さ、後半は各キャラクターと「ヒトクイ」にまつわる謎を掘り下げていくミステリーとしての面白さもあり、とにかくぐいぐいと読ませる力のある作品です。

「登場人物紹介」のページもありますが、あえてここは読まずに予備知識なしで読み始めることをお勧めします。

まだ完結はしておらず、続きが待ち遠しい!

 

ほのぼのラブコメ……に見せかけたサイコホラー「LA×LA×LA」。

トップページに「当漫画にはホラーや出血等グロテスクな表現が含まれています。」という注意書きがあるので勘違いする人はいないかもしれませんが、読み始めてしばらくはほのぼのした雰囲気が続くため、これがホラーになっていくというのはにわかには信じられないかもしれません。

特にギャグからホラーへのスイッチの切り替わり方は独特で、インパクト大。

読み終えた後もう一度最初に戻ってみると新鮮な気持ちを味わえるかも(まだ完結はしていませんが)。

 

個人的な好みでホラーばっかりになっていたので、ここで本当にしんみり感動できるやつ「かへ」をご紹介。

そんなに長くないのでサクッと読める本作は、実は「ぐるなび」の広告として制作された漫画なのだとか。

でもその部分を抜きにして考えても、すごくよく出来ている作品だと思います。

 

twitterをテーマにした短編漫画「7と嘘吐きオンライン」。 

心理描写が上手く、またtwitterの特性をうまく物語の展開に織り交ぜているのがポイント。

twitterのことをちゃんと“わかっている”人が描くとこうなるのかーと思いました。

 

いくつか漫画が公開されているのですが、読んでほしいのは下の方にある「とあるニートの日常」。

これでもかというくらいにリアルなニートの生活は読んでいてなんかちょっと心が痛くなってくるほど。

さらに読み進めていくと選択肢が出てきて、どれを選ぶかで人生が分岐するシステムが面白い。

読み始めると止められないおそろしい作品です。

 

 

ということで、他にも面白いWeb漫画はたくさんあるのですが、今回はこのへんで。

何か皆さんのお勧めがあればぜひ教えてください。

 

 

※このエントリは ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet Japan編集部の見解・意向を示すものではありません。
  • 3件のコメント
#1 anonymous   2010-12-26 12:15:21
webマンガなら、PDさんの「魔道」と、クリムゾンさんの「蒼い世界の中心で」がおすすめです。
#2 sayonara   2010-12-27 11:25:13
読みます。
#3 anonymous   2011-01-06 16:39:35
『ワンパンマン』がおすすめです。
強すぎて、出てくる怪人すべてを「ワンパン」で倒してしまうヒーローが主人公の話です。
ストーリーはジャンプの王道少年漫画といった感じで、基本的に勢いで進んでいくのですが、面白いです。ちょっとシュールなギャグも見所です。
強すぎて苦戦をしないヒーローが主人公になるとこうなるのか、という斬新さ。
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ