山田井ユウキ

オンライン広告の価格を色々と調べてみた。

2010-07-23 06:14:11

 

builder読者の皆さん、こんにちは。

金曜日担当の山田井ユウキです。

 

ウェブサイトを見ていると目に入ってくるのが広告。

無料でサービスを提供し、代わりに広告で収入を得るというのは現在のスタンダードな収益モデルの一つですが、では広告を出している企業は具体的にいくらくらいの料金を支払っているのでしょうか。

 

オンライン広告.com」というサイトには600近くのサイトの広告料金が掲載されており、誰もが知っている有名なサイトの広告掲載料金も見ることができます(本来は広告出稿側と媒体をマッチングさせるためのサイトです)。

ということで色々と調べてみました(オンライン広告に詳しい方にとっては特に目新しい内容ではありませんが……)。

 

なお「価格」は基本的に定価表示なので、たとえば複数出稿するなら少し安くなったりとか、そういうことはよくあります。

また、「インプレッション」とはPVみたいなもので、「見てくれる回数」の大まかな数となります。1週間で100万インプレッションなら、「1週間でだいたい100万回ユーザーに見てもらえます」ということです。

 

さて、とりあえず「価格の高い順」で検索すると……。

 

こんな結果が。

 

ダントツでお高いのがMSN Japan! もちろんあくまでも「オンライン広告.comに登録しているサイトの中で」の話ではありますが、それでも1週間で3000万円はハンパなく高価です。

「ジャック」と「ゲート」の詳細はこちらのページに詳しく出ていますが、広告というよりも“コラボ”という方がしっくりきます。

他にもロイターやライブドア、ニフティといった大手ポータルが名を連ねているこの価格帯で、一つ異彩を放っているのが「モバゲータウン」。単価が高いようですが、これはクリック保証だからでしょうか。

 

続いて個人的によく利用しているサイトの広告情報を検索してみました。

 

 

■mixi

足あと画面の広告が高いですが、これは何だか意外。それだけmixiユーザーが足あと画面を頻繁に見ているということなのでしょう。

その後に続く「ブランディングバナー」とはホーム画面の右上(メニューバーのすぐ下)に表示される正方形のバナーのことで、年齢や性別を指定して出稿できるようです(たとえば「20代の男性」のホーム画面にのみ表示する、等)。

たまにやっているログイン画面のジャック広告はここには登録されていないようです。

 

■ニコニコ動画

わりと控えめな金額に思えますが、まぁこんなもんでしょうか。トップページ右上のでっかいバナーがやはり一番高いようです。

「うねうね」という不思議な名前の広告が気になりますが、これはトップページの左上で小さく動いているアニメーションバナーのことです(たぶん)。

他の大手サイトと比べるとインプレッションのわりに価格が安くお得感がありますが、動画サイトで効果的に広告を見せるのは難しそうなので妥当なところなのかも。

 

■2ちゃんねる

一つしか登録されていませんでした。むしろ一つでも登録されていたのが意外。

モバイル版2ちゃんねるは見ないので何とも言えませんが、単価はかなり安いですね。

 

■はてな

長年アンテナを利用させていただいているはてなは、こんな結果に。

トップページのバナーと、ブックマークでのテキストリンク、アンテナ画面のPRという、3種類の広告が主力のようです。

 

 

――広告料金を調べていくと、何となくそのサイトの方針が見えてきて面白いですね。

皆さんもよく利用しているウェブサイトがあれば、検索してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

※このエントリは ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet Japan編集部の見解・意向を示すものではありません。
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]