山田井ユウキ

職場で話のネタに使うとそれなりに盛り上がりそうな、「お金」にまつわる4つのウェブサービス

2010-06-18 07:00:00

 

builder読者の皆さん、こんにちは。

金曜日担当の山田井ユウキです。

 

いつも面白いウェブサービスを見つけてはご紹介しているわけですが、

今回は別に何の役に立つというわけではないんだけど、とりあえず職場で話のネタに使うとそれなりに盛り上がりそうな、お金にまつわるウェブサービスを4サイトご紹介したいと思います。

 

 

(1)Ms.Zurich

http://televider.com/msz/

使い方はとても簡単。あなたの年収を入力して「ます。」ボタンをクリックするだけ。

すると画面の綺麗な女性が、その数値にあわせたコメントをしてくれるのですが、これが何をどう入力しても、こちらの神経を逆なでするような辛辣なメッセージになるから面白い。

 

(2)Global Rich List

http://globalrichlist.com/

こちらも同じ年収判定サイトですが、海外のものなので使い方を軽く紹介しておくと、

中央の入力欄に年収を書き込み、左の単位のところを「YEN」にして「Show me the money!」をクリック。

すると出てくるでっかい数字が、全世界におけるあなたの年収の順位となります。

さらにその横に出てくる%は、あなたの裕福度が世界の上位何%に入っているのかという数値です。

さて、あなたの世界でのポジションはどのあたりでしょうか。

 

(3)totoBIG模擬実験

http://homepage2.nifty.com/nif/totobig.html

ひたすらtotoBIGを買い続けるという、ただそれだけのサイト。

資金は無限にあるので放置すると永遠に買い続けます。

何の意味があるのかというと、これはつまり、totoBIGにどれだけのお金を使うとどれだけのリターンがあるのか、というところを各賞の当選確率からシミュレーションしているわけですね。

ちなみに僕はどれだけ時間をかけても、当選金額が購入金額を上回ることはありませんでした。やはりそういうものなのでしょうか……。

 

(4)98%の確率でお金がもらえるが、2%で死ぬボタン

http://ayato.my.land.to/

こちらはもっとくだらない(褒め言葉)シミュレーションサイト。

そのタイトルの通り、「98%の確率でお金がもらえるんだけど2%の確率で死ぬボタン」をどこまで押せるのか、というチキンレースに挑戦できます。

2%という数値がまた絶妙ですよね。

これはお遊びだから笑って失敗できますけど、もし実際にこんなボタンが目の前にあったら……あなたは何回挑戦できますか?

そんな気持ちでやってみると面白いかもしれません。

 

 

ということで、どれも別に実生活に役立つわけではないのですが、話のネタに使うとそれなりに盛り上がるんじゃないかと思います。

ぜひ周りにも教えてあげてくださいね!

 

 

※このエントリは ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet Japan編集部の見解・意向を示すものではありません。
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ