山田井ユウキ

食事画像をメールで送るだけで栄養バランスを測定してくれるサイト「FoodLog」を使ってみた

2010-05-21 07:00:00

 

builder読者の皆さん、こんにちは。

金曜日担当の山田井ユウキです。

 

今日は4月30日にリリースされたばかりのちょっと面白そうなウェブサービスをご紹介します。

名前は「FoodLog(フードログ)」。

食事の画像をメールで送ると自動的にカレンダーに記録されていくという名前そのまんまのウェブサービスです。

で、写メで画像を記録するなんてことはブログならどこでもやっていることですが、このサービスのすごいところは、画像から主食や主菜、副菜などを自動的に判別して記録していくというところ。

本当なら何だかすごそうですが……。

さっそくやってみましょう。

 

公式サイトにアクセスしたらまずはユーザー登録。

ごちゃっとしていますが、右上の方に新規登録ボタンがあります。

登録できたら、専用メールアドレスが発行されます。

ここに写真を添付してメールすると、自動的に食事記録が生成されていくわけです。

 

登録したら、次に設定を変更しておきましょう。

 

生年月日とか性別とかはまぁいいとして、「データインポート」から「食事自動分類」というところをまずは設定しておきましょう。

日付け変更時刻や、朝食時間帯、昼食時間帯などを自分のライフスタイルに合わせて変更すればOKです。

次は公開範囲。ウェブ全体に公開するのか、それともFoodLogユーザーへの限定公開なのか、などを選びます。

 

設定が終わったのでさっそくメールで食べ物の画像を送ってみました。

 

今回送ったのはカツカレーの画像。

これしか画像フォルダに入ってなかったのです……。

 

さて、メールを送ってみると、

 

やった! ちゃんとカツカレーの画像が更新されました。

なぜか「朝食」に分類されていますが、これは送信時間がAM4:00頃だったため、朝食時間帯に設定してあるAM6:00に近いと判断されたようです。

で、気になる成分の分析ですが……。

 

こんな風になっていました。

「食事=YES」となっているのは、そもそも送られてきた画像に食事が含まれているのか、というところから判別しているからみたいです。

YESなら、「食事の画像だな」とサイト側が判断したということですね。

 

カツカレーなので写っているのは「ご飯」「カツ」「カレー」の3種類。

どう分類するのかが気になりますが、どうやら「主食2.0」「副菜1.0」「主菜2.0」と判断された模様。

2.0とか1.0とかの数字は摂取量のことで、画面の右の「編集」を押すと、自分で自由に変更することもできます。

ちなみに一日の適切な摂取量は、

 

主食・・・5~7

副菜・・・5~6

主菜・・・3~5

牛乳・乳製品・・・2

果物・・・2

 

ということで、これはなかなか便利な機能。

食事のバランス調整に一役買ってくれそうです。

 

あとはまだリリースされたばかりで機能の追加を待ちたいところですが(ヘルプとかもほとんどなくてサイト自体あまり親切ではないし)、

「みんなの食事」というコンテンツがわりと面白くて、

 

こういう感じでユーザーが食べているものがずらっと見えるんですよね。

人の食事をこれだけ一気に見る機会もないので、なかなか新鮮で面白いです。

みんな良いもの食べてるなぁ。

 

ということでまだこれからといった感じのウェブサービスではありますが、単なる“マイ食事ログ”としても使えそうなので、ブログやmixiに食事の画像をアップし続けるのもなんだかあと思っている人は使ってみてもいいかも。

どうやらカロリー計算できる機能の搭載も予定しているとのことで、そうなるとダイエット用にも良さそうですね。

 

 

→FoodLog

 

 

※このエントリは ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet Japan編集部の見解・意向を示すものではありません。
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ