山田井ユウキ

四国を擬人化したウェブ漫画「四国四兄弟」が面白い。出身者としては猛プッシュせざるを得ない。

2010-03-26 07:00:00

 

builder読者の皆さん、こんにちは。

金曜日担当の山田井ユウキです。

 

今回ご紹介するのはとあるウェブ漫画。

一言でいうと“擬人化モノ”なのですが……

 

→サイトへ飛ぶ

 

なんと、四国を擬人化した漫画なのです! これは珍しい!(と思う)

 

本作は「御かぞくさま御いっこう」というウェブサイトのコンテンツの一つで、 最近書籍化もされたとのこと(書籍は全都道府県版)。

そちらはまだ読んでいないので今回はウェブの方だけの紹介となりますが、なんといっても四国がフィーチャーされたという事実が純粋に嬉しい!

なにせ全国的に見て四国ってかなり地味な存在ですからね……(東京で「出身が愛媛」と言うと「愛知」と勘違いされたりする)。

 

でも当たり前ですが、四国四県にはそれぞれの個性があり、県民性があり、それを示す様々なエピソードだってあるわけです。

このウェブ漫画ではそのへんが実に絶妙なさじ加減ですくい上げられていて、四国出身者なら誰しも「あるある!」と頷いてしまう納得の内容になっていました。

 

作品を一つだけ引用してご紹介させていただきます。

 

 

僕は愛媛(東予)出身なのですが、確かに同じ四国である高知よりも、むしろ広島の方と強い関わりを持っていると感じることが多々あります。

こうした地元民の感覚をきちんと拾ってくれるのはありがたいですね。

中には四国出身者でも知らないマニアックな情報もあったりして勉強になります。

四国に興味がある人もない人も、ぜひ一度読んでほしい漫画です。

 

 

→四国四兄弟

 

 

※このエントリは ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet Japan編集部の見解・意向を示すものではありません。
  • 1件のコメント
#1   2010-03-28 00:45:35
ご紹介ありがとうございます。
南予人としては、確かに高知よりは広島、九州とのつながりが大きいかも。
ここでする話でもありませんが、「~ねや」って、南予人しか使っていないような。。。
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]