山田井ユウキ

これはすごい! アップロードした写真を洋画風のムービーにかっこよく合成してくれるウェブサービス

2010-03-05 07:00:00

 

builder読者の皆さん、こんにちは。

金曜日担当の山田井ユウキです。

 

今回は……すごいウェブサービスをご紹介しますよ。

 

 

Make a thank you movie!」と題されたこのウェブサービス、一言でいうなら、アップロードした写真とあらかじめ用意してあるムービーをものすごく自然な形で合成するというサイトです。

かなり重いので回線やスペックによっては表示に時間がかかる可能性がありますが、それでもすごく面白いのでぜひご覧ください。

 

使い方は簡単ですがいちおう説明しておきます。

サイトを開くと↑の画面が出てきますので、「BROWSE」をクリックし、アップロードする写真を選びます。

「START CAMERA」を押すとウェブカメラを利用してその場で自分を撮影することもできます。

あ、そうそう、ムービーの内容的に、アップロードする写真は人物の顔写真がベストです。

 

アップロードするとこのように表示されますので、間違いなければ「APPLY」をクリック。

写真が白黒になっているのは僕が用意した素材の仕様です。カラーももちろんOKです。

 

続いてズームするかどうか聞かれますので、倍率を弄る場合は写真右側のスライドバーを動かして変更しましょう。

OKなら「APPLY」。

 

準備はこれだけ!

とても簡単! すぐにムービーが始まります。

 

ではムービーの内容と、どういう感じで合成されるのかをちょこっとだけご紹介します。

ネタバレ(というほどのものでもないですが)が嫌な方は以下はとりあえずスルーして、ご自身で試してから読んでください。

 

映像は映画の予告編のような雰囲気で、全部で数分間あります。

 

字幕は出ますが英語なのでよくわかりません……が、雰囲気から察するに、「世界中の人々がTVやラジオで注目する中、ヒーローが選出される」という感じのストーリーっぽい。

 

記者会見の場で、何やら仰々しいファイルが出てきました。

 

ここに選ばれし人間の顔が写っているようです。

 

まさか……。

 

!?

う、うわー! 確かによくできた合成だけど……なんというか……違う写真にしとけばよかった……!

 

後悔しても後の祭り。

その後も、ムービーの中にガンガン合成された自分の写真が出てきます。

すごく恥ずかしい。まあ100%自分のせいなんですけど。

 

ショートムービーなので特にこれ以上のストーリーが展開するわけではないのですが、このアイデアは非常に面白いなあと思いました。

皆さんもぜひ写真を用意してやってみてくださいね。

 

→Make a thank you movie!

→今回僕が作ったムービーを見る(こういう感じに作ったムービーにリンクを張ったりtwitterやメールで誰かにお知らせすることもできます)

 

 

※このエントリは ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet Japan編集部の見解・意向を示すものではありません。
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]