山田井ユウキ

「twitterと何が違うか」――Googleバズを使ってみた

2010-02-12 07:00:00

 

builder読者の皆さん、こんにちは。

金曜日担当の山田井ユウキです。

 

つい先日始まったGoogleの新サービス「Buzz(バズ)」。

簡単に言うとtwitterに代表されるミニブログのGoogle版ですが、とはいってもtwitterとはずいぶん仕様が異なっていますので、どう違うのかを見ていきながら使用感などをレポートしてみたいと思います。

 

バズはGmailユーザーに段階的に開放されているとのことで、まだ使えない人がいるかもしれません。

バズが使用可能になっているかどうかは、Gmail受信トレイの「受信トレイ」の下に「バズ」があるかどうかで判断できます。

ちなみにGmailアカウント必須なので、持ってない人は登録する必要があります。

 

 

←「バズ」が表示されていればOK

 

個人情報を登録したらスタート。

始めるのは簡単ですが、バズをスタートすると姓名などのプロフィールが一般公開されてしまう恐れがありますので、それはちょっと……という人はプロフィールを変更削除しておきましょう。

この公開プロフィールはGoogleの全サービスで共通らしいので、たとえばGmailは本名で使いたいけどバズはニックネームで使いたい、とかはできない模様。

 

さて、「バズ」の基本画面はこんな感じ。

 

 

ちょっとわかりにくいので該当部分だけを抜き出します。

 

twitterとの違いその1:文字数制限とタイムラインの表示方法

 

まずtwitterとの最大の違いは、発言できる文字数。

twitterは140文字までですが、バズには制限はないようです(もちろん限界値はありますが、普通に書く分には不自由ない)。

ただしミニブログの場合、単純に文字数が多ければ良いというものでもないのでこの仕様は賛否分かれそう。

 

またタイムラインは、上の画面を見てもわかる通り、自分の発言とフォローしているユーザーの発言が同時にタイムラインに表示されます。

このへんはtwitterと同じです。

……が、

 

バズがtwitterと違うのは、フォローしているユーザーの発言にコメントを付けられるということ。

この場合、自分のコメントは対象となっている発言の下部に付いて伸びていくため、twitterのリプライとは違い時系列に並びません。

ここも好みが分かれそうなポイントですね。

 

あと、同じユーザーの発言が連続すると一つの枠にまとめられてしまうようです。

↑ページが重なっているような感じで発言がまとめられてしまっています。クリックすると全部出てきます。コメントが付いた発言やtwitterから行った発言はまとめ対象外になるみたい。

 

 

twitterとの違いその2:他サービスとの連携

 

バズは最初から他のウェブサービスとの連携にも力を入れているようです。

 

↑この名前の右にある「接続済みサイト数」というところをクリックすると、

 

こういう別窓が開きます。

ここで、「自分のウェブサイト」「Picasa」「Twitter」「Googleリーダー」「youtube」「Googleチャット」「Flickr」と連携することができます。

これはどういうことかというと、例えばtwitterに連携させ、その後twitterで何か発言すると……。

 

こんな感じに、バズにも同じ発言が自動でインポートされます。

名前の右に「Twitter」とありますが、これは「twitterから書き込んだ発言」ということ。

なおtwitterで@を使ったリプライについては反映されないようです。まあ反映されてもわけわかりませんしね。

 

 

また、Picasaやyoutubeなどに投稿している写真、動画についても、ワンタッチで貼り付けることができます。

見た目はこんな感じ。

写真はクリックすると元の大きさで見ることができ、動画はyoutubeに飛ぶことなく、バズ上でそのまま再生することができます

 

 

twitterとの違いその3:情報はリアルタイムで更新

 

細かいことですが、バズは画面を開いている限りF5を押したりしなくても勝手に自動更新されていきます(新規発言には黄色い帯が付きます)。

ただし僕が使ってみた感じでは、テキストのみの場合はフォロワーのページにも即時反映されるのに対し、画像や動画を貼り付けるとそれが少し遅れるようです。

 

 

twitterとの違いその4:タイムラインが更新されるとメールが届く

 

自分のタイムラインが更新されると受信トレイに通知メールが届く仕様になっているようです。

これは個人的には邪魔なだけなので、何とか設定変更したいところです。

……どうもフィルターを使うとメールを届かないようにできる(参考ページ)らしいのですが、こういうのは最初から簡単に選べるようにしてほしいですね。

 

―――

 

ということで、少しだけ使ってみた感想ですが、GmailやGoogleのサービスをメインで使っていて、やり取りする相手がたくさんいるなら、まあアリかな……という感じ。

 

それにしても、バズを最初に見たときはとうとうGoogleがtwitter潰しにかかったのかと思いましたが、どうもそうではないみたいですね。

どちらかというとすでにGoogleのサービスに親しんでいるユーザー同士の交流が目的で、twitterに比べるとかなり内向きなサービスだと思いました。

 

公開プロフィールをはじめ、修正してほしい点はいくつかあるので、もう少し様子を見たいところです。

 

 

 

 

※このエントリは ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet Japan編集部の見解・意向を示すものではありません。
  • 1件のコメント
#1 anonymous   2010-04-17 02:09:00
Gmailの送信者名はGoogleプロフィールと別に変更可能
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ