山田井ユウキ

発言を45の言語に翻訳してくれるチャットサービス「Goofy2」の登場で、ついに時代がドラえもんに追いついた!? 

2009-07-17 07:00:00

 

builder読者の皆さん、こんにちは。

金曜日担当の山田井ユウキです。

週末といえばカジュアルデイ。

ということで、当ブログではネット関連で流行っている話題や、その他、僕が個人的に気になっていることなんかをフリーダムに取り上げていこうと思います。

 

今回ご紹介するのは、知人に教えてもらったちょっと未来を体感できる(?)チャットサービス、「Goofy2

発言した内容を自動的に45の言語に翻訳してくれる機能が搭載されており、たとえ言葉が分からなくても世界中の人とコミュニケーションすることができるウェブサービスです。

 

↑こんな感じにチャットができます。

 

 

リンク先は残念ながら英語版と中国語版しか用意されていないようですので、今回は画像付きで使い方を解説していこうと思います。といってもめちゃくちゃ簡単ですけど。

 

まず登録してない状態だと、

こういう画面になります。

何やら英語で色々と書いていますがたいした内容じゃないので無視してOK。

いちおう僕の拙い英語力と翻訳サイトを駆使して訳すと、

「Goofy2は、リアルタイムであなたの会話を45の言語に翻訳するチャットサービスです。 こんな人にお勧めです→1.話したいことがあるのに友達が興味を持ってくれない。2.孤独で誰かを必要としている。3.外国人と話したい」

……という感じ。……合ってる……?

 

左下の「Get Started」をクリック。

メールアドレスとパスワードとニックネームを入力してクリック。これでOK。次回からは右上にメールアドレスとパスワードを入力して「Sign in」をクリックすれば大丈夫です。

 

するとこんな画面に。

真ん中に流れているちょっとTwitterみたいな欄がチャットの発言欄。

その下にある白い枠が自分の発言の入力欄です。

入力欄の左には自分のプロフィール画像などを入れることができます。デフォルトだと黒いシルエットになっていて誰が誰やらわかりませんので何かしら入れとくといいかも。

 

で、チャット欄の右上にあるドロップダウンから自分の使っている言語を入力します。

ものすごいいっぱいあります。……というか普通に何語なのかさえわからない言語名が並んでいるんですが、それは気にせずここを「日本語」に設定。

こうすることで、チャット欄の発言がすべて日本語に翻訳されるようになります

 

で、発言するには、

入力欄に日本語で文章を打ち込んでエンターキーを押せば発言できます。すぐ下の「Add Picture」は、画像を添付して発言するときに使います。

 

特定の誰かのコメントに返信する形で発言したいときは、

カーソルをその発言部分まで持っていけば青く表示されるので、クリックしてから発言を入力してエンターでOK。

一つ前の発言とアバターが重なって表示されるのでわかりやすい。

また、その発言に対してどういった会話の流れが行われていたのかという履歴が右側の青い枠に表示されます

自分の発言はここから消すこともできますが、チャット欄から消しても履歴としては残るみたいなのでご注意を。

 

さらに自分のアバターをクリックすると、

こんな風に自分自身の発言履歴を見ることもできます。

 

ヘッダーの「Settings」からは自分のプロフィールの再編集もできるので、詳細な自己紹介などを記入したい場合はどうぞ。

 

ということで使い方は以上ですが、肝心の翻訳能力はというと……。

 

たとえば、

 

「Hey,Kashgar,You can not live without Goofy2.」

「ねえ、カシュガル、あなたなしでは生きGoofy2することはできません。」

 

「Twiiter have a very aggressive financial projection: 1.54 billion US dollars at the end of 2010」

「Twitterの2010年の終わりには非常に積極的な金融投影:1540000000ドルが」

 

こんな感じになるようです。

……さすがにドラえもんはちょっと言い過ぎたな、と思いましたけど、でもこういう試みから始まって将来的には本当に翻訳コンニャクが出来てしまうんじゃないかと思うと、今からワクワクしますね!

 

なお、登録して少し様子を見ていましたが、せっかく45の言語があるのに使っている人はまだかなり少ない様子。

サイト自体が英語と中国語にしか対応していないせいか、その2つの言語ばかり並んでいる状態です。

あとは、チャットサービスの特性かとは思いますが、あまり上品ではない言葉も多々見受けられます

ウェブはどこでもそうかもしれませんが、そのへんは了承した上でご覧ください。

 

ちなみに教えてくれた知人によると、このサービスは、

 

根本的に垣根レスで文化的ディスコミュニケートな状況のままコミュニケートする感じが、有用性とかじゃなくて明後日ぶりでおもしろいのです。。フランス・ブラジル・アメリカ・北京・ウイグル在住がひとつの場所でだらっとしてる場に目白のマクドで参戦とか」

 

ということらしいので、皆さんもちょっとだけ多言語が入り乱れるカオスな空間を体験してみてはいかがですか?

 

Goofy2

 

 

※このエントリは ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet Japan編集部の見解・意向を示すものではありません。
  • 1件のコメント
#1   2009-07-17 11:37:10
登録してみました!

mixiも、twitterも、まったく見れない学校で、Googy2はちゃんと見れました★
こそこそとやっちゃいますww
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ