山田井ユウキ

「ReadMe!」の終焉が物語る、「養殖コミュニティ時代」の到来

2009-03-13 07:00:00

 

builder読者の皆さん、こんにちは。山田井ユウキです。

 

本日も「ネット黎明期を支えた個人サイトたち」をお送りしていきます。

今回ご紹介するサイトは、「ReadMe!」。

日記・コラムなどの読み物系サイトを対象とした老舗ランキングサイトで、よくある“バナークリック”型ではなく、“バナーが表示されるたびに1カウント”という独自の集計方式がヒットし、ブレイク。

開設から多数の登録サイトを抱え、最終的には数千ものサイトが参加する(正確にはカウントできていませんが)超巨大個人サイトにまで成長しました。

当時、登録していたサイトは、「侍魂」「ちゆ12歳」「連邦」「探偵ファイル」等々……パッと思い出せるだけでもこれだけの時代を象徴するサイトが軒を連ねていたことからも、ReadMe!の影響力が窺い知れるというものです。

しかし、1996年のスタートから常にランキングサイトの頂点であり続けたReadMe!も、2007年11月のランキング集計停止事件で事実上終了となり、その数ヵ月後の2008年2月末をもって完全に閉鎖となりました。

 

このReadMe!の終焉自体については、管理人のたかのゆきまささんからの最後のメッセージにその理由のすべてが集約されており特に付け足すことはないのですが、かつてReadMe!に登録していた者の一人としては、また別の思いを抱かずにはいられません。

 

ReadMe!閉鎖が物語るもの……それは、インターネットにおける「自然発生的なコミュニティの終焉」だったのではないかと思うのです。

 

■自然発生的なコミュニティとは

かつてまだインターネットが混沌としており、ブログも存在せず、少々危ういことを掲示板に書き込んでも逮捕されなかった時代、点在していた個人サイトを結びつけていたのは、「その個人サイトで何をやっているか」という“ジャンルによる仲間意識”でした。

たとえばテキストサイト。

あるいは大ヒットしていたカードゲームプレイヤーによる交流サイト。

またあるいは自作の小説を公開する創作系サイト。

これらは、「相互リンク」と呼ばれるつながりを通して、似た者同士で集まり、それぞれにコミュニティを形成していました。

そして、さらにそうしたコミュニティ間の緩いつながりを引き受けていたのが、ReadMe!のようなランキングサイトでした。 面白いサイトを探すならまずはReadMe!を見る――そんな時代が確かにあったのです。

しかし、2003年頃、ブログとSNSの登場により状況は一変します。

 

■養殖コミュニティ時代の到来

コメント、トラックバックなどの新たな機能を持つブログ、そしてクローズドでより内に向けた機能に特化したSNSの登場は、インターネットにおけるコミュニティの形成に大きなインパクトを与えました。

「ユーザーは、コミュニティ内に自分の居場所を見つけると、逃げ出さない」

ということに気付いた各企業によるユーザーの囲い込みが始まり、次々と“あらかじめ企業が用意したコミュニティ”にユーザーは吸収されていきました。

そもそも、

「ユーザーの新規獲得も大事だけど、今いるユーザーを逃がさないようにするのも大事だよね。でも似たようなサービスはすぐ作られるし、何か逃がさないようにする手はないかな……」

……これが企業にとっての昔からの課題だったわけですが、その一つの答えが「ユーザーにコミュニティを与えること」、つまり「コミュニティの養殖」であり、ブログやSNSはそのために必要なサービスを完備した養殖場として機能したのです(そしてそれがユーザーにとっても快適でした)。

その結果、各コミュニティ内だけでつながりが完結することが増え(友達リンク、読者登録など)、コミュニティの枠を超えた相互リンクという概念は過去のものになろうとしています。

 

こうした「養殖コミュニティ」からユーザーが外に出なくなった時代においては、ReadMe!のようなノンジャンルランキングサイトはもはやあまり意味をもたないのかもしれません。

ネットは広大になりすぎ、コミュニティ間は断絶され、それぞれの世界を結ぶものは必要なくなったように思います。

 

ReadMe!という大きな存在がなくなった個人サイト界が今後どうなっていくのか、注目です。

 

関連記事:ニコニコ動画に吸収された、MADフラッシュという文化

関連記事:「ネットウォッチ@2chネカマ作戦記」から学ぶ、サイト運営の意地と覚悟

関連記事:ネット黎明期を支えた個人サイトたち―テキスト王―

関連記事:ネット黎明期を支えた個人サイトたち―絶望の世界―

関連記事:ネット黎明期を支えた個人サイトたち―ジバラン~自腹覆面レストランガイド―

関連記事:ネット黎明期を支えた個人サイトたち―苗字と名前の最初の文字を入れ替えてみました―

関連記事:ネット黎明期を支えた個人サイトたち―侍魂―

 

 

※このエントリは ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet Japan編集部の見解・意向を示すものではありません。
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]