山田井ユウキ

ネット黎明期を支えた個人サイトたち―苗字と名前の最初の文字を入れ替えてみました―

2008-11-07 07:00:00

builder読者の皆さん、こんにちは。

文化の日に年齢を隠して都内の大学祭に潜入したら、青山学院大学のあまりにもオシャレな空気が肌に合わず尻尾まいて逃げ帰ってきた山田井ユウキです。やつら絶対、大学の講義で「おしゃれ学」とか受けてるんだぜ……!

そんなどうでもいい話はさておき、今回もネット黎明期の有名個人サイトを紹介していきたいと思います。

先週侍魂について熱く語りすぎたことに書いた後で気づき、「語りたがる男はモテない」というホットドッグで読んだ恋愛の鉄則を思い出したので、今回はクールにキメたいと思います。

―――

さて、今回紹介するのはある意味最強の「おバカ」サイト。

その名も、『苗字と名前の最初の文字を入れ替えてみました』。

正確に言うと、このページは前川やく氏による『スレッジハンマーウェブ』のコンテンツのひとつなのですが、今回はこの『苗字と名前の最初の文字を入れ替えてみました』だけを取り上げてご紹介していきます。

他のコンテンツもかなり面白いのですが、今回だけは紙面のすべてを『苗字と名前の最初の文字を入れ替えてみました』の紹介に割きたいのです。

それぐらい僕はこのページを愛しているのです!

―――

……と意気込んでみたものの、このコンテンツに関しては僕が紹介するまでもなく、タイトルが内容のすべてを物語ってしまっているんですよね。

何しろ、

『苗字と名前の最初の文字を入れ替えてみました』

ですからね。

なんというレビュー殺し……!

でも、でもね。

「入れ替えるのはわかったよ、でもそれの何が面白いの?」という人がいるかもしれないので、このサイトの魅力を改めて語っていきますよ!

―――

とにかくこの企画でやっていることは簡単です。

たとえば「山田井ユウキ」だったら、「山田井」と「ユウキ」の最初の文字をそれぞれ入れ替えるだけ。

この場合、「ユマダイ ヤウキ」になります。

これだと何も面白くないのですが、同じ手法で面白いネタになるものを探そうよ、というのがサイト全体のコンセプト。

なんというくだらなさ!(褒めてます)

 

ちなみにこのネタ、1960年代生まれの方にとっては割とおなじみのようで、著者の前川やく氏によると、

*********************************************

1960年代生まれなら、必ず一度はポケットに手を入れて

「まさーかりーくさおーです」って言ったことがあるでしょう。

*********************************************

……ということみたいです。60年代生まれの方、いかがですか?

 

さて、ページを開くと「まさかりくさお」に続いて目に入ってくるのが「けつだいら」という単語。

これは要するに、

「松平健」→「まつだいら けん」→「けつだいら まん」

しょ、しょーもない……! だが……こういうの大好きだ……!

―――

あまりにもくだらなすぎる「けつだいら まん」ですが、このネタのインパクトが、サイトを見ていた「どうでもいいことにマジになる大人たち」のハートに火をつけました。

「もっと何か面白いネタがあるのではないか?」

そんな思いに駆られた読者が次々とネタを投稿、ついにサイト上にて、「けつだいらアウォード」と名付けられたコンテストが開催されるに至ったのです。

 

 ……なんか書いていて、もうちょっと日本のためになることを書いた方がいいのかな、とか思ってきましたが、むしろこういうサイトこそが今の日本に必要なんだということにして、先へ進んでいきますよ。

―――

名前からしてふざけまくっている「けつだいらアウォード」でしたが、ふたを開けてみれば超大盛り上がり。

なんと最終的には、投稿数がのべ数千というとんでもない数にのぼり、2005年まで続く長寿企画となりました。

最初こそ受賞作の多くが「けつだいら まん」の流れを汲んで人名ネタだったものの、途中からはもう何でもアリ。

商品名から流行のJ-POPのタイトル、さらにはCMのキャッチコピーや単なるセリフなど後半になるにつれてカオス度がアップしていきます。

この無駄な情熱と才能はもっと別のことに生かされるべきだったのではないかと真剣に思いますが、たぶんこれだけのネタを考えられる方々ですから、ネット外の世界でもおそらく日本を動かすレベルの地位におられる重鎮のはずです。僕はそう思います。信じます。お願い信じさせて……。

 

――以上、前川やく氏のもとに集いしどうしようもないおバカな神々が生み出した奇跡のコンテンツ『苗字と名前の最初の文字を入れ替えてみました』。

個人サイト界に「おバカサイトの系譜」なるものがあるとすれば、間違いなくそのルーツとなるサイトの一つだと思います。

 

 

と、ここまで書いて、今回の目標である「クールにキメる」がまったく達成できず、またしても熱く語りすぎていたことに気付きました。

次回のテーマは……これから考えます!

 

 

<続く>

※このエントリは ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet Japan編集部の見解・意向を示すものではありません。
  • 1件のコメント
#1   2008-12-10 22:50:09
私は「なまづしりあきら」が大好きでした。篤姫ブームだけに。

前川さんは密かに復活しているみたいですよ。
名前はちょっと変えてますが。

換気口鑑賞団
http://garari.jugem.jp/
世事
http://maekawayasu.blog17.fc2.com/
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]