山田井ユウキ

20代後半の男がネットについて好き勝手書いていくブログ、はじめました。

2008-10-24 07:00:00

builder編集部の冨田様よりお声がけいただき、こちらでブログを書くこととなりました、山田井ユウキです。

基本的にゆるーいテンションで、ネットについてあーだこーだと好き勝手書いていこうと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

 

とまあいきなり自己紹介しても、おそらく大半の方は「おまえ、誰やねん」という感じだと思うのでもうちょっとだけ詳しく詳細を書きますと、僕は20代後半の社会人でインターネット歴は10年ほど。

別に10年なんて長くもなんともないのでサバを読んで20年ぐらいにしとこうかと思ったのですが、草の根BBSとかそのへんの話題を持ち出されると途端にボロが出るのでやっぱり正直にいきます。

そして、7年ほど前に作ったウェブサイトをいまだにちまちまと更新していたりします。

正直なところ、僕には7年以上長く付き合っている人間が家族以外いませんので、アンパンマン風に言うなら「ネットと♪ サイトだけが♪ 友だちさ♪」ということになります。

……ええと、そろそろ悲しくなってきたのでこの話題、終わりますね。

 

さて、ウェブサイトという言葉を出したのでついでに言っておくと、僕が更新しているのは「ウェブサイト」であって「ブログ」ではありません。こう書くと、「ウェブサイトもブログも同じやんけ!」というツッコミを入れたくなるヤングがいるかもしれないので説明しておきますが、ブログという言葉は割と最近生まれた造語です。言葉の定義については専門的な話になるので割愛しますが、日本でブログといえば、

 

(1) HTMLの知識がなくてもブログサービスに登録するだけでサクッと手軽に作れる

(2) ページが記事単位となっており、記事ごとにコメント欄が用意されている

(3) トラックバックというシステムがある

 

ここらへんが特徴かと思います。 

 (2)と(3)はさておき、ブログ人口を爆発的に増加させた最大の理由はおそらく、

 

HTMLの知識がなくてもブログサービスに登録するだけでサクッと手軽に作れる

 

こいつです。

それまで、「HTMLってなんかよくわからない」「ていうか読み方がわからない。ハテムル?」といった理由でウェブサイト制作を敬遠していたパンピーたち(実はハテムルって言って恥かいたのは僕です)にとって、“特別な知識がなくても簡単に日記が書ける”というブログの機能は、まさに渡りに船。

このお手軽さがウケて、巷にはブログがわさわさと溢れ返ることになり、それまであまり見なかった「丸の内OL☆のTODAY'S LUNCH♪」みたいな日記がどんどん生まれ始めました。

こう書くと何か懐古主義者みたいですけど、実はそういうゆるいブログは大好物です。

 

ところで、ブログが流行り始めたのは、たしか僕の記憶によると2002年から2003年頃だったはず。

では、それ以前のインターネットにはどんな世界が広がっていたのか……。

 

次回からは、「ネット黎明期を支えた個人サイトたち」と題して、ブログ期以前の個人サイトをいくつかご紹介していきたいと思います。

 

この企画、今思いつきで書いてしまっただけなので、内容についてはこれから考えます。なので詳細については質問されても答えられません。

むしろコメント欄で、「こんなサイトあったよね」みたいな感じにさりげなく僕をフォローしてくれる、そんな優しさが世の中にはあってもいいと思うんだ

 

 

<続く>

※このエントリは ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet Japan編集部の見解・意向を示すものではありません。
  • 2件のコメント
#1   2008-11-10 18:43:35
山田井ユウキさんのブログ、大好きです。
こちらでも読めるなんて、うれしーです。
更新、楽しみにしてます。
#2   2009-01-07 11:50:43
カフェオレ・ライターの方ですよね?
山田井ユウキさんのブログ大好きです♪

更新たのしみにしてますね(^^)
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ