wirelessml

RADIUSサーバの構築について

2008-10-18 07:24:35

ExtremeとLeopard ServerはLANケーブルで直接繋いでおきます。 
1.DNSサーバを開始する。 
2.opendirectoryを開始する。 
3.ワークグループマネージャで新規ユーザを作成する。(このユーザ名とパスワードが認証で必要) 
4.RADIUSサービスを構成する。 
 
ここで注意すべきことはベースステーション(Extreme)は手動で追加しなければなりません。というのも、「共有シークレット」を手動で設定する必要があるからです。 
/etc/raddbにclients.confというファイルがありますが、ここを編集します。 
 
client 10.0.1.1 { 
secret = testing123 
shortname = liv1 
nastype = other 

 
10.0.1.1というのはExtremeのアドレスです。 
 
証明書については、Defaultではうまく行きませんでした。自分で作った証明書ならOKでした。 
 
XPはクライアントマネージャ3を使用可能ですが、Vistaはどうかと思ったのですが・・・ 
Vista(Home Premium)は普通に標準のサプリカントで問題ありませんでした。

※このエントリは ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet Japan編集部の見解・意向を示すものではありません。
  • RADIUSサーバの構築について 最新エントリ
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ