Web Accessibility Toolbar の色機能

2008-09-03 06:25:55

Firefox で、Web Developer ToolAccessibility Extension をご利用になっている方はいると思います。Internet Explorer や Opera で同等のことが出来るのを探しているという方は Web Accessibility Toolbar (WAT) がお勧めです。ページの構造を解析したり、画像や CSS がオフになっている状態をチェック出来るので、Firefox の Web Developer Tool と同等なことが出来るといって良いでしょう。ただし、WAT には Web Developer Tool や Accessibility Extension にはないユニークな機能があります。

WAT には色をチェックする Contrast Analyser が実装されています。これは、W3C の Web Content Accessibility Guidelines 2.0 (WCAG 2.0) で紹介されている 色のコントラストに関する比率 を基にして作られています。ワンクリックで、スタイルシート等で設定した背景色と文字/リンク色のコントラストを解析し、レポート表示してくれます。

どれだけコントラストがあるかを数値で表してくれるだけでなく、どの組み合わせが良くないかも指摘してくれます。数値が低い組み合わせは使わないようにするのは当然ですが、パスした色の組み合わせも、数値低ければ検討したほうが良いでしょう。

また、サイトをグレースケールにしてくれる GrayBit というサービスをツールバーから利用することも出来ます。

コントラストに関しては Firefox でも Colour Contrast Analyser をインストールすれば同等のことが出来ます。

※このエントリは ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet Japan編集部の見解・意向を示すものではありません。
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]