鈴木章太郎

本日店頭販売開始!.”NET開発テクノロジー入門 Visual Studio 2010対応版 (MSDNプログラミングシリーズ)”

2010-12-02 06:14:53

皆さん、こんにちは。お久しぶりです。

先月は、いろいろあって月末にPDC10 Japanがあったため、Blogの更新がなかなか厳しく、かなり更新の間隔が開いてしまい失礼いたしました。

なおPDC 10 Japanでの基調講演を見逃したという方は、ぜひこちらをご覧ください。SilverlightのIIS Live Smooth Streamingで配信された高画質の基調講演の動画を見て戴くことが可能です。

また、私のセッション(HTML5 with Internet Explorer 9)のフォローアップはこちらのMSDNブログエントリをぜひご覧ください。

本日は、書籍のご紹介をさせてください。すでにAmazonでは注文可能になっておりますので皆さんご存知かもしれませんが、書籍名は、”NET開発テクノロジー入門 Visual Studio 2010対応版 (MSDNプログラミングシリーズ)” です。

昨年出版され大好評を戴きました、”.NET開発テクノロジー入門 ~ .NETの基礎からクラウドテクノロジ Windows Azure まで”を、Visual Studio 2010に合わせて、最新の情報に改定したものです。

本の表紙はこんな感じです。こちらに日経BP社の書籍紹介をリンクしてありますので、詳細をご覧下さい。


--- 内容紹介 ---

大好評だった『.NET開発テクノロジー入門』の待望の改訂版です。Visual Studio 2010/.NET Framework 4に対応し、Silverlightや並列プログラミングなど、最新のテクノロジーを詳しく解説しています。
.NET Frameworkが登場してから数世代にわたってバージョンアップが行われ、データベース開発用のADO.NETを始め、Web開発用のASP.NET、リッチなユーザーインターフェイスを提供するWPF、統一された通信テクノロジーを提供するWCF、ワークフロー開発用のWFなど、さまざまなテクノロジーが追加/機能強化されたことにより、.NET Framework自身の機能も大きくなり、最新技術が常に変化している状況でなかなか全体像を把握するのが困難になってきました。
本書は、こうしたさまざまなテクノロジーについて、その位置付けや活用場面などをわかりやすく解説することによって、開発者の皆さんが.NETの技術体系を理解できるようにするための解説書です。

-----------------

私は、今回は、第3章のリッチクライアントテクノロジー(WPF/Silverlight)の章と、第4章のサービス開発/分散テクノロジー(WCF)
の一部分(WCF RIA Services)を執筆させて戴いています。サンプルコードも豊富ですので、ぜひ皆様もご利用いただければと思います。

なおこの書籍をテキストとしたセミナーも、弊社の新オフィスである品川で予定しておりますので、ぜひご参加いただければと思います(追ってご案内はさせていただきます)。

それではまた!

鈴木 章太郎

http://blogs.msdn.com/b/shosuz/

http://twitter.com/shosuz/

※マイクロソフト社員のコミュニティ参加について 

※このエントリは ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet Japan編集部の見解・意向を示すものではありません。