鈴木章太郎

Silverlight 2 アプリケーションでの Model-View-ViewModel

2009-04-02 17:14:24

皆様、こんにちは!

おかげさまで、Silverlight 2でのエンタープライズアプリケーションの開発はかなり多くの方に、幅広い分野で、行って戴いています。多くの案件が現在進行中で、近日中にも、新事例をこの場でご紹介できると思います。

そのような中で、Silverlight2に関する、様々な開発手法や、アーキテクチャのあり方等の議論が、盛んになりつつある昨今、一つの回答が、先ほどのエントリでもご紹介した.NET RIA ServicesのようなOut-of-the-box的な(Prescriptiveな)LOB開発用のフレームワークです。これはまたQCONのセッション等の後、別途じっくりご紹介するとして、前提として、MVCモデルに関する考察は避けて通れないところです。

そこで今回は、MSDNのエントリをご紹介したいと思います。Silverlight 2 では必ずしも単一層の組み合わせでアプリケーションを作成する必要はなく、WPF にもあるModel-View-ViewModelパターンを使用して、階層化することができます。これにより、Silverlight 2 アプリケーションを簡単に階層化できます。この階層化により、アプリケーションの諸機能を疎結合化でき、ひいては保守、拡張、テスト、展開が容易になります。ソースコードもありますので、ぜひお試しください。

それではまた(^^)!

※マイクロソフト社員のコミュニティ参加について

※このエントリは ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet Japan編集部の見解・意向を示すものではありません。
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ