dragan10

2008-06-12 ひきつづきSilverlight2 β2関連

2008-06-12 08:11:17

'Silverlight Geek'こと、Jesse Libertyさんのblog 'Jesse Liberty -

Silverlight Geek' から。

What is coming soon?

いろいろこれからも環境がどう変わっていくかわからないので・・・という前置きとともに、現時点での今後数ヶ月に出す予定のものを公開してくださっています。

・WebCastとして、Styles and Templates(6/18)とDeep Zoom(7/16)
・チュートリアル。アニメーションとデータグリッドについて、詳しいものが追加になるようです。
・本。'Programming Silverlight2'!
・How Do I ビデオシリーズ。もし追加して欲しいトピックがあるなら教えてくださいね、とのことです。内容によってはすでにHow Do Iがでているようなものがあるけれど、どちらかというとデザイナーからの観点になっているので、プログラマよりの内容にするそうです。

* * *

Tim Heuerさんのblog 'Method  ~ of ~ failed' から。

Silverlight cross domain services and a helpful tool

Silverlight2でHTTPアクセスするコートを書いていて、ちゃんと存在しているサービスに対してアクセスしているのにHTTPのレスポンス・コード「404」が返される。なぜ?という疑問に答える話。

ほとんどの場合、これはクロスドメイン・ポリシーファイルが正常に取得できなかったため、なんだそうです。単純にクロスドメイン・ポリシーファイルがないだけでなく、その内容がおかしかった場合、あるいはHTMLで「ファイルがありません」的なメッセージが返ってきているケースなど、すべてSilverlight2は404として扱うんだそうです。

いろいろ論議はあるようですが、結局のところ「ちゃんとしたクロスドメイン・ポリシーファイルがそこにない」ということで、標準のHTTPのレスポンス・コード404とするのがいいと考えている、ということです。

あと、開発に便利なツールとしてWeb Developer Helperの紹介。これはHTTPのトラフィックをみることができるもので、これなしじゃ生きていけない、そうです。

Telerik drops some Silverlight control goodies

マイクロソフトの開発者のエコシステムで気に入っているのは、自分たちのチームがフレームワークに力を注いでいる間に、パートナーの皆さんがすばらしいソフトをその上に足していってくれることなんだ、ということで、TelerikのSilverlight用アドオン、RadControls for Silverlight2の紹介。

TreeViewをはじめとして、標準のコントロールにはない便利そうなコントロールが並んでいます。Visual State Managerもサポートしているそうです。現時点でCTP版がフリーでダウンロード可能。将来的にはWPFにも対応する計画のようです。

* * *

※ 上記の内容は私が個人的に要約しているもので、誤解や誤訳もある

かもしれません。内容については、必要に応じてリンク先のblogなどで

ご確認をお願いします。

※このエントリは ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet Japan編集部の見解・意向を示すものではありません。
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ