dragan10

2008-05-18:Mac用NY Times Reader, FlickrとSilverlight, WSDLの修正テクニックなど

2008-05-20 06:48:03

'Silverlight Geek'こと、Jesse Libertyさんのblog 'Jesse Liberty - Silverlight Geek' から。
 
In Silverlight, Tags are just strings...

Tim Binkley-JonesさんがJesse Libertyさんに知らせてくれた、以下のテクニックの紹介。

FrameworkElementクラスにはTagプロパティがあって、ボタンなどにちょっとした個性を持たせたいときに、わざわざサブクラスを作らなくてもカスタムの属性をここに入れてすませることができます。

WPFではこれがObject型なのに、Silverlight2ではstringに限定されているので、同じことをするのにカスタムのAttached Propertyを使うといいよ、という話のようです。

このあたり、Jesse Libertyさんも勘違いをしていたようで、'Ouch.'でエントリを締めてます。

私がDependency Objectのあたりをよくわかっていないので、ちょっと勉強しなきゃ。で、Tim Binkley-JonesさんのBlogもRSSのリストに追加、と。

次にTim Heuerさんのblog 'Method  ~ of ~ failed' から。

NY Times Reader on Mac with Silverlight

ニューヨーク・タイムズが提供している'Times Reader'というツールのMac版が、Silverlight2を使って提供されることがアナウンスされた、という話。

Times ReaderはWPFベースのアプリケーションで、ほんとに新聞を読んでいるような感じで使えるそうです(リンク先にデモがあります)。これのコアの部分はSyndicated Client Experiences Starter KitとしてWindowsClient.netで提供されています(これ、ライセンスはどうなっているんでしょう?)。MSDN Magazineを読むためのツールとして、MSDN Readerというのがこれを使って作られているんですね。

Silverlight Flickr Badge

FlickrのBadgeをSilverlightを使って作ってみた、という話。エントリのページに、直接Silverlight2のアプリが埋め込まれています。ソースコードの解説有り。

FlickrはRestのAPIとクロスドメイン・ポリシーを持っているので、SilverlightはFlickrのデータを使うのに理想的なツールだよ!とおっしゃってます。

Nicholas AllenさんのBlog 'Nicholas Allen's Indigo Blog'から。

Pointing to External Metadata

WSDLにちょっとした修正を加えるための方法を以前に紹介されたようですが、そのやり方が場合によってはちょっと扱いにくい方法なので、別のやり方を紹介されています。

ServiceMetadataBehaviorのExternalMetadataLocationプロパティを使うと、外部のメタデータを取り込めるとのこと(私がWCFに強くないので、この辺「棒読み」でお読みください(^^;))。

※ 上記の内容は私が個人的に要約しているもので、誤解や誤訳もあるかもしれません。内容については、必要に応じてリンク先のblogなどでご確認をお願いします。

※このエントリは ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet Japan編集部の見解・意向を示すものではありません。
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ