dragan10

英語、苦手ですか?

2008-05-18 13:17:33

・・・と日本人技術者に訪ねれば、ほとんど のばあい「苦手です」って答えが返ってくるものと思います。

 

私も別に英語が「得意」ってわけでもありません。必要に迫られて、なんとか仕事では何とかなる程度に使えるようにはなりましたって感じです。

 

今や、技術屋さんにとって英語力の必要性はどんどん高くなってきています。マイクロソフトさんは、今回のVisualStudio2008でえらく力を入れて日本語のドキュメントを用意してくれましたが、これは要するに「日本市場が結構大きい」からなんであって、いわば現世代のわれわれは、経済大国ニッポンを築き上げてくれた先代の皆さんの恩恵に預かっているわけです。このまま日本経済の地位が低下していけば、いつかは手のひら返されて「英語くらい自分で読んでね」ということにならざるを得ないでしょう。

 

ま、そんなわけで、技術屋さんとして英語ができるということは、ある意味で自分の身を守るリスクヘッジであるとも思ったりしてます。もちろん今現在でも、英語が読めればいいことはいっぱいあります。

 

さて、このサイトを見にくる皆さんは、何らかの形でプログラミングやコンピュータ関連の仕事をしているんだと思うんですが、我々が仕事で使う英語って、実は日常会話よりずっと簡単なものです。同じ勉強するのでも、ただばくぜんとではなく、ターゲットを絞って勉強した方が効率がいいのはなんでもおなじですよね。

 

ちなみに、よく「映画を字幕なしで見て英語を勉強」なんて話を聞きますが、「うわ、なんて茨の道をいくんだろう」と思います。映画って、スラングや訛り、文化的背景がわからないと理解できない表現のオンパレードですものね。

 

 私は英語の先生でも何でもないんですが、自分がどうやって英語とつきあってきたかも、ここでぼちぼち書いていくつもりです。多少なりともだれかの参考になればいいな、と思っています。コメントも大歓迎です!

※このエントリは ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet Japan編集部の見解・意向を示すものではありません。
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ