【PR】企業における人材育成のためのスキル管理フレームワーク構築ツール リリース・ニュース

2010-11-25 00:01:00

本日、ここのブログで何度か記載させていただいた製品の正式リリースを行いました。

製品名Enterprise Skills Inventory (ESI) 

まずはこちらのニュースリリースをご覧ください。

製品情報の詳細サイトも構築しましたのでぜひご覧ください。
デモサイト利用や無償プロトタイプのご用命もお待ちしています。
※プロトタイプの対応は先着順で順次対応させていただきますので予めご了承ください。m(_ _)m

【問い合わせ先】

株式会社ワン・オー・ワン
担当 : 金岡 竜夫
TEL : 03-3239-8313
E-Mail: esi@101s.co.jp

このブログでは小職一押しの製品ポイントをお知らせいたします。(^v^)/

◆カスタマイズの容易さ => 他社との差別化はあなたのアイディア次第!

  • IPAが規定するITスキル標準など公式フレームワークだけでなく自社にあった人材像をマスタ設定で柔軟に構築。
  • スキル分類やスキル設問の追加変更も自由自在
  • 基本的なカスタマイズはノンプログラミング

◆スキル・コンテンツの豊富さ => 標準コンテンツを参考に失敗のない人材育成!

◆業務と連動したスキル構築用機能 => 業務や既存教育制度とのシームレスな連携!素敵!

  • プロジェクト連動(業務)
  • 研修受講連動
  • 自己啓発連動(自己啓発問題構築機能)
業務連動が各自のスキル習得のリアリティを格段に高めます!
現在のスキル管理は現状把握のための登録システムになっているのでは?
ESIを使ってキャリアパスや短期目標に向かった日々の成長をいつでもビジュアルに確認できる管理フレームワークを構築することで働く人のモチベーションUPと企業全体の戦力アップが図れるのではないでしょうか?
ご用命はお気軽に!
全国各地どこへでもご説明にお伺いいたします。
代表取締役 二階堂隆
※このエントリは ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet Japan編集部の見解・意向を示すものではありません。
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]