[TechDay] 第8回 Amazon EC2 : AWS Management Console

2009-01-09 11:55:00

先ほどAmazonから新しいサービスのメールが届きました。
EC2の管理コンソール(Webアプリ)のBetaの案内です。
継続してどんどんサービスを出してきますね。すばらしい。

同様の機能はFirefoxではElasticfoxというプラグインでOkですが、Amazonが正式に
サポートするというのが継続性を考えると重要ですね。
またAWS Management ConsoleはID/パスワードだけで使えるというところが便利です。

さっそく試してみましたのでTechDayネタというほどでもありませんが。。
いくつか画面スナップショットを掲載します。

サインイン画面

https://console.aws.amazon.com/index
AWSのアカウントがあればID/パスワードだけで利用できます。(無償)
「Sign in to Amazon EC2 Console」ボタンをクリックしてID/パスワードでログイン

ログイン後のコンソール初期画面:EC2 Dashboard

AWSのダッシュボード。見やすいです。
「Launch Instances」クリックすると起動できるAMIのリストがポップアップで表示されるのも見やすいですね。

#あれ? Yahoo UI ぽいなと思ってページのソースを表示してみたらBINGOでした。
#やるなAmazon。。安く使えるものは何でも使うって感じですね。
#見習いたいところです。


自分のインスタンスリスト:Instances

AMI(マシンイメージ)一覧:AMIs

Elasticfoxと比べると全然見やすいですね。
VisibilityタブをクリックしてPrivateのAMIを先頭に来るようして自分のAMIにチェック
をしてAMIの詳細を表示しています。

セキュリティ設定一覧:Security Groups

Elasticfoxは自分のグローバルIPを取得してくれるけどこちらはまだまだといいう感じですね。
表示されている設定は特定のIPからのアクセスだけtcpで1521ポートへアクセス許可しています。

その他

その他にもElasticIPやElasticBlock用の機能なども付いていています。
また今後のサポートを表明している以下機能にも期待しています。
リリースされたらまた簡単な紹介をします!

* Monitoring, Load Balancing and Auto-scaling - View real-time monitoring of operational metrics within Amazon EC2, configure load balancing and auto-scaling rules through a web-based UI.
* Amazon S3 Support - Create and delete Amazon S3 buckets, upload and download objects through your browser, edit permissions, set log data, and manage URLs.
* CloudFront Support - Setup and administer content delivery distributions on Amazon CloudFront using a simple web-based tool on the AWS Management Console.

※このエントリは ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet Japan編集部の見解・意向を示すものではありません。
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]