石澤知広

このページ、Twitterへ送っちゃえ。Greasemonky編

2008-08-25 21:19:18

前回、今見ているサイトをTwitterへ送っちゃえって事でブックマークレットのサンプルを作りましたが、今回はGreasemonky版を作ってみました。
ソースはこちら。

// ==UserScript==
// @name           Builder2Twitter
// @namespace      http://builder.japan.zdnet.com/member/u336685/home/
// @include        http://builder.japan.zdnet.com/news/*
// ==/UserScript==
(function(){
	var doc = document;
	var user = {
		name     : '****************',
		password : '****************'
	};
	var twitter   = 'http://' + user.name + ':' + user.password + '@twitter.com/statuses/update.json';
	var TwitterArgs = {
		method : 'POST',
		headers: {'Content-Type' : 'application/x-www-form-urlencoded'}
	};
	TwitterArgs.data = 'status=' + encodeURIComponent(doc.title + ' ' + doc.URL);
	TwitterArgs.url  = twitter;	GM_xmlhttpRequest(TwitterArgs);})()

いまさら感、バリバリですね。ごめんなさい。今回もFx3での試験しました。
nameとpasswordのところはご自身のものを使ってくださいね。
@includeを沢山追加したり、「http//*」なんてすると、FireFoxで見た物全てがTwitterに送れちゃってちょっとウザイ感じです。
本当はTwitterとGreasemonkyでお手軽にパストラック(http://pathtraq.com/)とまでは行かないまでも

今見ているサイトがどれくらい見られているのか分かるようなことできないかなーって考えていたのです。

実装イメージはこんな感じっす。
Greasemonkyで今見ているURLをTwitterへ送る。->TwitterからのresponceText中のTinyurlを取得する->Twitter Search APIを使って同一URLの件数を取得する。->createElementでDIV作ってinnerHTMLに書いてappendChildする。
しかし、スマートに実装できなさそうだったので断念しました(w
理由は
1).今のTwitterには一時間あたりの書き込み件数に制限がある。
2).Twitter SearchではTotal件数を取得できない。ページングして足し算しなくちゃならい。
3).別のサーチエンジンを使って件数を取得するとリアルタイム度が下がっちゃう。やっぱり、自前で入れ物を作らないとだめですかね。
いや、知らないだけできっともっと簡単にパストラックを真似る方法があるはず!!
もうちょっと調べよう。

※このエントリは ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet Japan編集部の見解・意向を示すものではありません。
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]