iPhoneは裸で。(やや嘘)

2008-08-20 00:00:29

カバーは愚か?

スティーブはiPodに保護カバーをつけることをものすごーく嫌っているらしい。きっとiPhoneだってそうに違いない。

そうは言ってもビビリ~なおいら。24回分割払いで買ったiPhoneちゃんが傷つくのはまだちょっと抵抗がある。クリアなフルカバーを買ってみたり、シリコンなものを買ってみたりして、自分にしっくりくるものを探していた。

フルカバーだと操作性に問題が…

実際に毎日iPhoneを使ってみると、フルカバーなケースでは操作性に一部支障があったりする。どのへんが、というと、例えばホーム画面を左右にフリックしたとき(フリックって言ってみたかったんだYo!)指のフォロースルーがですね、こう、ケースに当たって引っかかっちゃうんですな。(どんだけフォロースルーがでかいんだよ!)

というような冗談はさておき、「Safariで画面上端をタップしてトップ画面へスクロール」とかするときもフルカバーのケースでは押しにくいんですね。縦に長いページでは、よく使う機能なもんで。

さて前述のホーム画面を左右に切り替える方法は、実はフリック以外にもあって、この写真の赤丸の位置をタップすることで代用できちゃったり。これ、まわりのiPhoneユーザでも知らない人が多かった機能。

 

この、フォロースルーの不要な(笑)ちょい便利なホーム画面切り替え方法も、フルカバー系のケースだとうまくタップできないんだよね。ケースの端っこが邪魔なの。

エアジャケきた

で、最近見つけたのがパワーサポートのAirジャケット。これ、カバーが非常に薄くて、ほんとに付けてないみたいな感じなんだよね。フロント側は液晶保護シートだけで保護するという仕様なので、見事にツライチ。出っ張りがない。だから前述のようなカバーに引っかかって操作性が落ちるとか、端っこタップしにくいとかは全くない。

そんでもってさ、実際にこれで使い始めると「iPhoneって小さくて持ちやすい」って改めて感じるんだよね。ケースつけた時の状態って、なんかゴテゴテと大きくなった別のものを持ち歩いてるようで、今となってはなんか萎えてしまう。

Airジャケはほとんど何も付けてないようでありつつ実はケース付き、という状態なので気楽にポケットに放り込んで持ち歩けるようになって、なんかそうなるとまたiPhoneの概念がぱっと変わるんだよね。後生大事に持ち歩いても、iPhoneの良さは引き出されないのかも。などと大口たたきながらも実はカバー付きなところが小心者向けで非常に良いかと。ええ。

 

 

※このエントリは ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet Japan編集部の見解・意向を示すものではありません。
  • 3件のコメント
#1 lanikai   2008-08-20 10:47:26
誤「小さくて持ちやすい」
正「ちょうど良い大きさで、持ちやすい」
アップルは本気でカバーなし運用をデフォルトで考えてるなーと。
#2 SCREAMO   2008-08-31 08:46:09
黒買いましたけど、三日で禿げ始めましたよ・・・。
エアジャケ黒をポケットに入れて歩くのは危険っす。
#3 lanikai   2008-09-01 12:07:50
え、黒は塗り色なんですか? 禿げると下地が出ちゃうんでしょうか?
クリアも既に傷だらけですが、iPhoneが白なのであまり目立たないですね。
でも外すと陶器のようなiPhoneの白が出てきてうっとりします。このままカバーなしで運用しちゃおうかと思う時も…。
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]