h2ospace

Mac OS Xでフォントがインストール出来ないときは、フォントキャッシュが原因?

2010-12-12 16:06:47

先日、Mac OS Xに新しくフォントをインストール使用としたところ、何度やってもうまくインストール出来ないという現象が発生しました。その後、調べたところ「フォントキャッシュ」が原因だったようなので、メモのために残しておきます。

私の場合、「モリサワパスポート」を利用しているため、インストールされているフォント数がそれなりにあります。

その状態で新しいフォントをインストールしようと、FontBookで「フォントのインストール」を選んでみるとFontBookに反映されない。ライブラリの中のフォルダには、フォントファイルがコピーされているようなのですがFontBookの方に反映されません。そのため、アプリケーションでもそのフォントを使うことはできず。

これは困ったということで、いろいろ調べてみるとどうやら「フォントキャッシュ」というものが原因の場合があるようです。これを削除すれば、インストール出来るとのこと。そこで、削除できるツールを探して「OnyX」という無償ソフトが見つかりました。

ソフトを起動して「クリーニング」から「フォント」を選んで削除を実行すればOK。改めてインストールすると・・しっかりインストールできました。いやはや、焦りました。

今回インストールしたOnyXというソフト、意外と便利そうなメンテナンスソフトで、この他にもFinderの設定変更(隠しファイルを表示するか)なども行える多機能ソフトです。かなり、Macのコアな部分をいじってしまうので、バックアップなどをしっかり取って、自己責任で使う必要がありますが、便利に使いこなすと良いかも知れません。

また、今回インストールしようとしたフォントは、前にも一度ご紹介した「Inconsolata」でした。こちらもプログラミングの時に非常に見やすいフォントなので、おすすめです。

※このエントリは ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet Japan編集部の見解・意向を示すものではありません。
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]