h2ospace

『電子書籍勉強会』を(内輪で)開催いたしました

2010-07-08 01:01:59

去る2010年7月某日、「電子書籍勉強会」を開催いたしました。とはいえ、告知はすることなく、お仲間を集める程度のもの。

先生としてお招きしたのは、私の中で電子書籍の第一人者と思っている境祐司さん。 元々のきっかけは、私自身が電子書籍に興味を持ち、勉強をしてみようと少し調べてみたところ、調べれば調べるほどよくわからなくなって混乱してきた上、まだまだ未成熟な業界なだけあって、確立した知識もなく、整理された情報もないため、現状の状態を境先生にお聞きしようと思い、仲間と共に押しかけたという状態です。

そのため、勉強会の内容自体も境先生に私や参加者のみなさんが、疑問点や気になっているところをバシバシぶつけて、その場その場でご回答をいただくというスタイルで進めました。 先生にとってはかなりやりにくいスタイルだったと思いますが、さすがは先生で的確に回答をいただき、またオフレコだからこそのお話などもお聞かせいただけました。

で、その内容なのですがお恥ずかしながら、私は話を聞いたりイベントを回すのに必死で、全くメモなどを取っておらず、なにも公開できるものがありません・・代わりに、優秀な参加者の皆さんがレポートをあげてくださっております。

また、お写真についてもlinkerさんにご快諾いただいて使わせていただきました。ありがとうございました。

勉強会を通じてわかったことは、「現状、電子書籍は何が何だかわからない」というのが実際のようです。規格も乱立し、ハードウェアも雨後の筍のように出てきており、どれがスタンダードになるのか、なにが消えて行くのか、誰にも予想ができないという状態です。

とはいえ、だからこそ今から手をつけておくのが、面白い業界とも言え、私も頑張ってしがみついていきたいと思います。

また、第2回も予定しており、しばらくはこのようなクローズドな形で開催していくとは思いますが、広く参加者を募集してのイベントなども行うかもしれません。このBlogやTwitterでお知らせしていきますので、ご興味がありましたら是非ともチェックしておいてください。

※このエントリは ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet Japan編集部の見解・意向を示すものではありません。
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]