h2ospace

アメリカの Android事情

2010-06-07 19:44:40

本日まで、臨時休暇をいただきましてハワイに旅行しておりました。

ご関係各位には、さまざまなお気遣いをいただきまして誠にありがとうございました! お陰さまで、現地で仕事をする必要もなく、ゆったりと(?)過ごすことができました。

で、今回ハワイに行った目的の一つは、6/4に発売になった最新 Android端末「HTC EVO 4G」を目撃すること。

無事に発売日に、アメリカ大手の家電店「Radio Shack」で目にすることができました。実機も触ることができ、あわよくばそのまま購入して、日本で Wifi環境下で使おうかと目論んだのですが、店員さんの話によると「Sprintの端末は、SIMカードが刺さっていないと Wiif環境下でも使うことができない」ということで、(しかも、発売日にあっという間に売り切れで、次回入荷は帰国後というタイミングもあり)、全く手が出ませんでした。残念。

他にも、T-Mobileや Verizonといったキャリアからも、多数の Android端末が発売されており、日本とは全く違った盛況ぶりでした。しかし、どの端末も通信契約を結ばないと 500$オーバーという高額なため、結局どれも手に入れられずにあえなく帰国。うぅむ、iPadを購入したばかりというタイミングでなければ、買っちゃっていたかもしれないのですが。。

Androidは、アメリカでは本格的に普及が始まっている印象でした。街中でも触っている人がたくさん。iPhoneよりも目にする機会は多かったかもしれません。日本でも、今年後半から来年にかけてはAndroidが本当に熱気を帯びてきそうです。この波に乗り遅れないようにがんばらないとです。ということで、本日より業務再開。みなさま、改めてどうぞよろしくお願い致します。

※このエントリは ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet Japan編集部の見解・意向を示すものではありません。
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ