h2ospace

[Tips] WordPressを引っ越す時の手続き

2010-03-19 01:37:13

WordPressでサイトを構築するとき、公開までは仮のURLで構築しておき、いざオープンの時に実際のアドレスに引越しをすることはよくあります。

そんな時、闇雲にファイルを移してしまうと管理画面にすら入れなくなってしまうのでご注意。次の手順で正しく引越しましょう。

管理画面で、URLを書き換える

まずは、引越し前にWordPressの管理画面にログインをして、「一般」から「WordPressのアドレス」および「ブログのアドレス」を新しいURLに変更します。

これをしないと、管理画面などにログインをできなくなってしまうのでご注意。

データベースをバックアップする

続いて、データベースを phpMyAdminを使ったり、プラグインを使ったりして、バックアップします。

データベースを書き換える

続いて、データベースを書き換えます。WordPressは、画像パスなどを URLを含めて絶対パスで記録してしまうため、そのまま引っ越すと画像がリンク切れを起こしたりするのです。これを修正するのが、今のところはデータベースを直接操作することしかできません。

データベースは phpMyAdminなどで操作することが出来ます。このあたりは、使っているレンタルサーバーなどを調べてみましょう。

書き換えるテーブルとフィールドは次の通り。

・wp_post -> post_content ・wp_post -> guid ・wp_options -> option_value

これを書き換えていくのですが、一気に書き換えるSQLを次のブログで紹介されています。

データベースを引っ越す

これで、引越し前の準備は完了です。まずはデータベースを引越しましょう。 旧サーバーでデータベースをバックアップし、新サーバーでそのデータベースを復元します。

ファイルを引っ越す

続いてファイルを引っ越します。.htaccessという「隠しファイル」がアップし忘れやすいので気を付けましょう。

設定を書き換える

/wp-config.phpを開いて、設定を変更します。特に、データベースの情報を変更する必要があります。

これで引越しが完了です。データベースまわりが、少し煩雑でやりにくいですね。今後のバージョンアップで、このあたりが簡単になると良いなと思います。

※このエントリは ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet Japan編集部の見解・意向を示すものではありません。
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]