サイバーエリアリサーチ株式会社

効率的なアクセス解析Tips|ニュースリリースの反響分析

2010-12-06 11:00:00

らくらくログ解析
らくらくログ解析

各所で忘年会が催される季節です。忘年とは、「年末に、その1年にあった苦労を忘れること」なんてコトバンクにはありますが、昨年の忘年会が忘れられない、佐野@らくらくログ解析事業部です。忘年会は楽しく終わってすっかり忘れたいものです。

さて本日は、ニュースリリースやブログ記事など“特定のページ”への反響を効率的・効果的に分析するTipsをご紹介したいと思います。

らくらくログ解析の機能をベースにご紹介しますが、同様の視座をもてば他ツールでも活用いただけるはずです。

まずは人気ページのランキング

らくらくログ解析では、コンテンツの評価指標として「人気ページ」という機能があります。これは、ページ単位、もしくはカテゴリ単位(通常はディレクトリ単位)で人気のコンテンツをランキング表示する機能です。
らくらくログ解析
人気度は、PV・UU・PV/UUから選択できます。
このランキングは、特定のカテゴリ(ディレクトリ)に絞り込んだ結果も分析出来ます。ディレクトリを絞り込むことで、特定ジャンルでの人気ページ(≒売れ筋)を見つけやすくなります。

今回のタイトルに即した用途だと、「お知らせ(/info/)」というディレクトリで絞り込んで、特定のお知らせが他のお知らせと比べてどれくらいアクセス数誘因に寄与したのかがわかり易くなります(らくらくログ解析では、表示上見易いように、ディレクトリに任意の名前を付けることが出来ます)。
サイト全体で「お知らせ」コンテンツのPV数を見るよりも、より具体的にユーザの興味を推し量ることができます。

さらに、特定ページだけを分析

らくらくログ解析 新バージョンでは、さらに便利な機能も追加されました。「ページを指定」機能です。

PV数順のページ一覧は、相対的にどのページが人気なのかを理解するのに長けていますが
このページを指定機能は絶対値として特定のページを評価するのに便利です。
らくらくログ解析

 

この機能では、特定の記事に対しての数値的(PVやUU)な反応のみならず、

  • 興味を示した企業
  • ユーザの地域分布
  • 直前に閲覧したページ(リファラ)

といった結果を閲覧できます。
トップディレクトリからのドリルダウンではなく、URLで指定して目的のページをピンポイントで確認できるため、深層のページへの反響も具体的に分析することが出来ます。

今年一年の苦労を忘れる前に、すこし視座を変えて、ページ単位で年末のwebアクセスの変化を分析してみては如何でしょうか?

らくらくログ解析

※このエントリは ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet Japan編集部の見解・意向を示すものではありません。
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]