サイバーエリアリサーチ株式会社

GoogleMapとエリアターゲティングのマッシュアップ

2010-07-01 11:25:00

どこどこJP

徐々に夏が近づきつつある今日この頃、皆様はいかがお過ごしでしょうか?
毎年この時期が来ると冷房に首元を冷やされ絶不調な室園@どこどこJP事業部です。

さて、今回はどこどこJPとGoogleMapとのマッシュアップを取り上げてみたいと思います。

ちょっと新しいエリアターゲティング

以前にリリースを打たせていただいたのですが、いわゆるISP経由でのアクセス情報のみならず企業組織からのアクセスか否かを判定してしまう機能が搭載されました。

どこどこJPは、2009年11月4日よりバージョンアップをし、従来のエリアターゲティング機能に加え、企業名、業種、など企業(組織)情報を基にした BI(企業情報)ターゲティングが標準機能として搭載されました。

企業からのアクセスの場合、本社所在地にピンを立てるサンプルです。

いかがでしたか?個人情報といったリスクに侵される事無く、会社情報までであれば簡単にWEBサイトで特定をする事ができるのです。詳細はどこどこJPのサイトでご確認いただければと思いますが、主なものを抜粋させて頂きます。

取得できる組織情報の抜粋
組織 企業コード
組織 社名・屋号
組織 都道府県コード
組織 市区町村コード
組織 郵便番号
組織 住所
組織 上場区分
組織 売上高コード
組織 業種コード

今回はGoogleMapとのマッシュアップの例としてご紹介をさせていただきましたが、BtoBのビジネスを展開されている企業様におかれましては自社のWEBサイトに自動的に先方組織情報を判断して情報出し分けさせるといった機能を盛り込むことも可能です。

アンケートにご協力下さい

Mapinion様を活用させていただいてアンケートを実施しております。宜しければご協力お願い致します。

こちらのブログでは、公式サイトでは書ききれない情報を継続してUPしていく予定です。ご意見等いただきつつブラッシュアップしていきますので、どうぞ宜しくお願い致します。

どこどこJP

※このエントリは ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet Japan編集部の見解・意向を示すものではありません。
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ