サイバーエリアリサーチ株式会社

重視7割・満足3割 ユーザーに近い“情報の見つけやすさ”がサイト成功のカギ

2009-04-13 18:48:55

こんにちは。サイバーエリアリサーチです。

この4月からGoogleは、検索結果に位置情報を反映して検索結果をカスタマイズし始めましたが、お気づきでしょうか?

これ、モバイルではGPSやWi-Fiなどの情報を利用して以前から実施していたんですが、PCでの検索でもこれを開始したわけですね。具体的にどういうことかというと、例えば「英会話学校」と検索キーワードを入力すると、入力した人の位置を判定して、そこの近くにある英会話学校の検索結果を上位に表示してくれるというもの。
Google Maps上にも検索結果を表示してくれます。
図では「英会話学校」だけの検索なのに、現在地の茨城県の情報がでています。

 特に場所を指定しなくてもローカル検索をしてくれるようになったわけです。
これで使われているのがIPアドレスによる位置情報の判定。つまりIP Geolocationデータですね。

位置情報によって検索機能を向上したGoogleですが、インターネットユーザーの位置情報へのニーズはまだまだ他にもあります。
ネット上、サイト上で位置や地域とかかわりが深いというと、レストランや居酒屋などのグルメ、求人情報、小売店、旅行、お天気やニュースなどでしょうか。

これらのサイトで、ユーザーがどういった地域情報をどんなふうに見たいのか、ということを調べてみました。

全国のインターネットユーザー500人を対象に、旅行系サイトでの「地域情報」について調べたところ、ユーザー付近の地域情報へのニーズの高さが浮き彫りになりました。
そして、地域の情報をうまくユーザーに届けることで、“情報の探し易さ”“わかりやすさ”が向上する結果、サイトの魅力アップや提供企業の印象アップ(ブランディング)に繋がることも明らかに。

とくに目をひいたのは、現状のサイトでユーザーが重視していることと、満足度合いのギャップの大きさ。
“情報の見つけやすさ・情報への到達しやすさ”を、7~8割が重視しているものの、満足しているのはたったの3~4割。
一方で、ユーザーの同じく7~8割が重視していた“サイトの機能や全体的な情報量”については、満足度も比較的高いことがわかりました。

サイトでの情報の探し易さって、早急に解決しないとならないんじゃないかな、という印象ですがどうなんでしょう??

他にわかった地域情報へのニーズとして
 1.多くの地域情報を求めている
 2.自分の周辺情報だけあればよい
 3.地域情報を素早く見つけて到達したい  ことが挙げられました。

これ、2.自分の周辺情報だけあればよい と 3.地域情報を素早く見つけて到達したい という要望には、エリアターゲティングでユーザーの地域に応じてサイトコンテンツを切り替えることで、簡単に実現できますね。
(ちなみに 1.多くの地域情報を求めている に対応するには、地域ごとや店舗ごとにブログを作って、それぞれの地域の人が情報を直接更新できるようにすれば簡単にできます)

 

そこで、実際にエリアターゲティングによって地域情報を最適化したこんな検証サイト を作って感想を聞いてみました。

ユーザーの6割程度が魅力を感じ、約7割が“便利になった”“情報を探し易くなった”と回答。
半数以上が“興味が高まる”“サイト利用機会が増える”と回答し、エリアターゲティングでサイトへの集客強化とユーザビリティ向上ができるほか、“サイトの魅力アップ”に加え、“サイトを提供する企業の印象が良くなる”など、他サイトとの差別化に役立つこともわかりました。

ユーザ7割を満足させるサイトリニューアルのポイント

View more presentations from サイバーエリアリサーチ 株式会社.

 

調査結果のレポートはこちら。
 10人中7人が「わかりやすくなった」というサイトリニューアルのポイントとは?

■会社概要
社名:サイバーエリアリサーチ株式会社 http://www.arearesearch.co.jp/?id=zdb
本社:静岡県三島市一番町18-22 アーサーファーストビル4F
東京支社:東京都中央区日本橋1-2-10 東洋ビル5F
代表者:代表取締役  山本 敬介     資本金:6,975万円 
事業内容:
 ・IP Geolocationデータベース「SURFPOINT」の制作と販売
 ・地域情報発信ASPサービス「どこどこJP」の提供
 ・アクセスログ解析ASPサービス「らくらくログ解析」の提供
 ・Webサイト顧客開拓ツール「らくらく顧客開拓」の提供
 ・Webサイト制作やブログ構築などWebマーケティング支援

※このエントリは ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet Japan編集部の見解・意向を示すものではありません。
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ