サイバーエリアリサーチ株式会社

Webエリアマーケティングについて福岡で語ってきました

2008-09-12 17:51:59

こんにちは。サイバーエリアリサーチです。
 
今週は、サイバーエリアリサーチ創立以来初(!)の九州でのセミナーを実施しました。
JWord株式会社との共催で、Webエリアマーケティングについて、福岡の皆様に語ってまいりました。
事例を中心に一時間ほど頂きましたが、「どんなクリエイティブにしよう?」「提案書のファイルをパワーポイントで下さい」などなど結構な盛り上がりでした!!
きっとお役に立てると確信しております。

でも、なぜJWordとサイバーエリアリサーチの組み合わせ?

それには、JWordが今年の8月にローンチしたサービス『ご当地ワード』と深い関わりがあります。
『ご当地ワード』は、従来の検索連動型広告に加え、「検索ユーザーがどの地域からインターネットに接続しているか」という情報をもとに対象ユーザーの地域を絞って広告を掲出する、新しいタイプのインターネット広告商材です。
『ご当地ワード』では、福岡のユーザーが「マンション」というキーワードで検索した場合は「福岡 マンション」の検索結果が出て、東京のユーザーが同様のキーワードで検索すると、「東京 マンション」の検索結果を出るようにできます。
これはつまり、広告主としては「福岡県限定」で「マンション」のキーワードに広告を出すことができる、ということです。
全国区よりもずっとリーズナブルなお値段で広告が出せ、しかも対象とするユーザーをしっかりターゲティングできるので、広告を効果的に出せる、という優れものです。

この『ご当地ワード』のサービスには、「ユーザーの位置情報が分かるデータベース」が不可欠。
そこで採用されたのが、サイバーエリアリサーチのIP GeolocationデータベースSURFPOINTでした。
IP Geolocationデータは、IPアドレスにユーザーの位置情報と接続環境情報を結びつけたものです。

今回のセミナーは、この『ご当地ワード』や、IP Geolocationデータベースを活用したエリアマーケティングのご紹介をさせていただいたわけです。
『ご当地ワード』の『明太子』に高い関心を示していただき、Webで実施するエリアマーケティングをご理解いただけたようです。また行きます!

福岡以外でもセミナーを実施していきますので、Webエリアマーケティングやエリアターゲティングにご興味があるかたはぜひご参加下さい!
 ご当地ワード :  https://gotouchiword.jp/
 サイバーエリアリサーチ : http://www.arearesearch.co.jp/?id=zdb

※このエントリは ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet Japan編集部の見解・意向を示すものではありません。
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ